WF-1000XM4

ソニーマーケティングは、ノイズキャンセリング機能付きの完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」について、製品の供給に時間がかかると案内しています。

同社によると、「WF-1000XM4の受注を6月9日に開始したものの、生産上の都合により同製品への需要に供給が追いつかない可能性があるため、購入者に届くまで時間がかかる」とのこと。

同社は「できる限り要望に応えるべく鋭意努力しているので、今しばらくお待ちいただきたい」とコメントしています。

WF-1000XM4
WF-1000XM4

同製品は、統合プロセッサーV1によるノイズキャンセリング性能の向上に加え、Bluetooth用コーデックLDACや、圧縮音源をAI技術でアップスケールする DSEE Extreme に対応したほか、IPX4相当の防滴性能を持つのが主な特徴。

ソニーの立体音響技術を活用した音楽体験「360 Reality Audio」や、ヘッドホンを外さず相手と会話できる「スピーク・トゥ・チャット」という機能なども搭載します。

また「WF-1000XM3」の後継機に相当するほか、アップル「AirPods Pro」(3万580円)と同じ3万円台ということもあり、本誌読者からの注目度も高い製品です。市場想定価格は3万3000円前後で、6月25日に発売されます。

WF-1000XM4 ブラック (Amazon.co.jp)

WF-1000XM4 プラチナシルバー (Amazon.co.jp)


Source:ソニー


関連記事: