ノイズキャンセリング機能やLDACコーデック、DSEE Extreme のサポートなど、待望ともいえる機能が盛りだくさんのソニー製ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」ですが、うっかり紛失しないよう大事に使いたい人は多いでしょう。紛失した場合の解決策をまとめてみました。

WF-1000XM4 ブラック (Amazon.co.jp)

WF-1000XM4 プラチナシルバー (Amazon.co.jp)

ソニーによると、左右のヘッドセットと充電ケースは修理時にのみ行う接続設定が必要なため、片方のみの販売はしていないとのこと。そのため、同社はソニーストア限定の「紛失あんしんサービス」への加入をすすめています。

同サービスでは、WF-1000XM3 の片方のみをなくした場合、修理に1万4850円(税込み、以下同、WF-1000XM3の価格を引用、2020年1月時点)がかかるところ、同サービスに加入すれば5500円で補償してもらえます。対象機種は次の通り。

  • WF-1000XM4

  • WF-1000XM3

  • WF-XB700

  • WF-H800

  • WF-SP800N

同サービスの加入料と期間は1年間が1100円、2年間が1650円。加入はソニーのインターネット直販サイト「ソニーストア」、ならびにソニーの直営店「ソニーストア 銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神」にて行えます。

WF-1000XM4

注意すべきは“利用できる回数が期間中1回まで”という点。加入すれば何度でも利用できるというサービスではありません。また、商品購入時にのみ加入でき、手続きには My Sony ID が必要。“左右両方(両耳)、クレードルの紛失は同サービスの対象外”です。

WF-1000XM4 ブラック (Amazon.co.jp)

WF-1000XM4 プラチナシルバー (Amazon.co.jp)


Source:紛失あんしんサービス


関連記事: