ソニーはノイズキャンセリング機能搭載のワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM4」の新色 Silent White (サイレントホワイト)を5月28日に発売します。市場想定価格は4万9500円(税込)。ソニーの公式通販サイトや直営店舗などで販売します。

新色は静寂を表す純白を表現し、専用のキャリングケース、ヘッドホンケーブル、航空機用プラグアダプターなどの付属品は白色で統一。付属品の単体販売は行いません。通常モデルより5000円ほど高いものの、機能や仕様は通常モデルと同じです。

WH-1000XM4 Silent White
▲WH-1000XM4 Silent White 専用のキャリングケース、ヘッドホンケーブル、航空機用プラグアダプターなどの付属品

WH-1000XM4 はノイズキャンセリングやハイレゾ級の高音質といった特徴はもちろんのこと、ヘッドホンを装着したままでも相手の声を聞き取りやすくする機能を備えるほか、ソニーの立体音響技術を使った音楽体験「360 Reality Audio」にも対応しています。

関連記事:

WH-1000XM4 Silent White
▲ 左から順に WH-1000XM4 ブラック、プラチナシルバー、サイレントホワイト

WH-1000XM4 Silent White

WH-1000XM4 Silent White

WH-1000XM4 Silent White
▲内側の近接センサーがヘッドホンの装着状態を検知する

WH-1000XM4 Silent White
▲USB Type-C端子、3.5mmジャック、電源ボタン、カスタムボタンを搭載

WH-1000XM4 Silent White
▲ソニーのロゴやパーツのフレームはゴールドに近い色

WH-1000XM4 Silent White
▲型番はグレーに近い色で印字されている
WH-1000XM4 Silent White
▲ヘッドバンドも含めて清潔感のある白色で統一されているが、アルコール除菌は推奨されていない

Source:ソニー