WH-1000XM4

ソニーが、ノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM4」を9月4日に発売します。

WH-1000XM4は、ノイズキャンセリング性能や音質が評価されているフラッグシップモデル「WH-1000XM3」の後継モデルにあたる製品。ノイズキャンセリングやハイレゾ級の高音質などに加え、AI(人工知能)を活用した機能を新たに搭載したことがポイントです。

9月4日の発売に先駆け、短い期間ですがWH-1000XM4の実機に触れる機会がありましたので、ファーストインプレッションをお届けします。

人の話し声もカットするほど静か

まずノイズキャンセリング性能から。WH-1000XM3でも乗り物などの低音ノイズを消せていましたが、WH-1000XM4ではこれに加えて、人の声や日常ノイズなどの中高音域もカットすることができます。

ちなみに、ソニーが報道関係者を対象に行った体験会にて、WH-1000MX3とWH-1000XM4のノイズキャンセリングを比べてみましたが、個人的に、ノイズキャンセリング機能がもたらす没入感は、大差がないと感じました。また、別の日に、昼間の騒がしいスターバックスでWH-1000XM4を使ってみましたが、人の話し声だけでなくエアコン、コーヒーメーカーの動作音なども、かなりカットされていました。

WH-1000XM4

このノイズキャンセリング性能に寄与するのが、WH-1000XM3から継承したノイズキャンセリング用プロセッサー「QN1」と、新搭載のオーディオSoCを組み合わせた毎秒700回以上の音響環境センシングです。ドライバーユニットと耳の間、外部ノイズなど、その時の音響環境に応じて、リアルタイムにノイズキャンセリング処理を施すことを可能にしています。

WH-1000XM4

また、ヘッドホンを装着した後に、カスタムボタンを長押しすると試験信号音を再生し、装着時の個人差(髪型、メガネの有無、装着ズレなど)を数秒で検出します。また、ソニーによれば、ヘッドホンに搭載されている気圧センサーを使って、飛行機内でも気圧の変化に対してノイズキャンセリングを最適化するのだとか。

さらに、「Sony | Headphones Connect」アプリを使うことで、ノイズキャンセリングから外音取り込みまで22段階で調節することが可能。ユーザー一人ひとりに合わせてノイズキャンセリング特性を最適化していることがポイントです。

WH-1000XM4
▲「Sony | Headphones Connect」アプリにはノイズキャンセリングの最適化を行えるメニューが用意されている

音質は低音ガッツリ系ではないが、全体のバランスは良好

肝心要の音質は、ノイズキャンセリングをオンにすると圧迫感があるものの中低音域の迫力が増している──そんな印象を受けました。逆にノイズキャンセリングをオフにすると、当然ながら外音ノイズが聞こえてしまいリスニングに没頭することができません。

ただ、低音を強化する「EXTRA BASS」モードを搭載した製品ほど、WH-1000XM4のサウンドは低音ガッツリ系ではありません。中高音域は音の粒立ちが良く、きらびやかなサウンドで再生してくれるため、全体的なバランスが良いと感じます。

WH-1000XM4
▲有線接続でもハイレゾ音源を再生できる

また、WH-1000XM4はWH-1000XM3と同様に“ハイレゾ級の高音質”をうたうモデルでもあります。40mmのHDドライバーユニットを搭載している点も音質に寄与しますが、WH-1000XM4は、CDやMP3形式で保存された音源を最大96kHz/24bitのハイレゾ相当にする「DSEE Extreme」も搭載しています。

DSEE Extreme は、ソニーミュージックスタジオ東京の協力のもと、さまざまなジャンルの楽曲データを深層学習させたAIを活用しており、リアルタイムで楽曲を解析します。ソニーによれば、特に空間の響きや、打楽器、人の声などをこれまで以上にハイレゾ相当に近づけるとのこと。MP3形式で保存された音源には限界がありますが、それでも他の音楽プレイヤーやスマホに比べて音質が向上しています。

さらに、非可逆圧縮のBluetoothオーディオながらハイレゾ相当の楽曲データを伝送できるLDACコーデックに対応しており、ハイレゾやLDAC非対応機器からの転送であれば DSEE Extreme によってハイレゾ相当の音質にアップスケーリングしてくれます。ちなみにBluetoothコーデックはLDACの他にAAC/SBCに対応しますが、aptX/aptX HDには対応しません。

ヘッドホンを外すだけで音楽再生が停止しノイキャンがOFFに

WH-1000XM4は、ノイズキャンセリング性能や音質、AI技術を使った分析だけでなく、「スピーク・トゥ・チャット」と呼ばれる新機能を搭載しています。

具体的には、ヘッドホン装着者の発話を検知して、ノイズキャンセリングと音楽再生を自動停止する機能。これに加えて、外音取り込みモードに自動で切り替わるため、ヘッドホンを装着したまま相手と会話できます。

ソニーによると、5基のマイク(左右それぞれフィードフォワードマイク、左ハウジングのマルチ配列マイク)を最適に制御する高度な音声信号処理を行うことで、会話検知アルゴリズムが装着者の声を認識できると言います。

WH-1000XM4
▲ヘッドホンを装着したままでも相手の声が聞こえる「スピーク・トゥ・チャット」機能を搭載

実際に「Sony | Headphones Connect」アプリから、同機能をONに切り替えて試したところ、声を発するだけで、瞬時に音楽再生が停止し、外音取り込みモードに変更されました。

もちろん、WH-1000XM4を外して会話をしたほうが、ヘッドホンをしていることによる音のこもりも無く、クリアに聞こえるのですが……。とにかく、WH-1000XM4であれば、手がふさがっているときでも装着したまま人と会話をすることが可能です。

WH-1000XM4
▲内側の近接センサーがヘッドホンの装着状態を検知する

咳払いをすると音楽再生が停止してしまう 

ここまで聞くとスピーク・トゥ・チャットが便利だと感じる人も多いことでしょう。ですが、音楽を聴きながら軽く咳払いをしただけで音楽再生が停止し、周囲の音が聞こえます。無意識に咳払いをしてしまうと、少し煩わしさを感じるかもしれません。

解決策としては、「Sony | Headphones Connect」アプリでスピーク・トゥ・チャットをオフにするか、声の検出感度を「低」に設定すること。ちょっとした小声や咳払いには反応しませんでした。

WH-1000XM4
▲スピーク・トゥ・チャットの設定画面

使い勝手も◎

2台の機器と同時に接続し、「スマホに着信があったら、接続先をPCからスマホに自動で切り替える」といった機能も搭載。この機能は8月7日以降にアップデートが配信され、Windows/Mac/iOS/Androidいずれの組み合わせでも使えます。ただし、同機能をONにすると、LDACを使用できませんので注意しましょう。

また、Googleが開発したペアリング技術「Fast Pair」にも対応し、画面上に表示されるポップアップをタップするだけでペアリングが完了します。同機能は、本機とAndroid 6.0以降を搭載した端末と組み合わせて使用できます。

WH-1000XM4
▲NFC搭載スマホであれば、WH-1000XM4にかざしてペアリングできる

バッテリー持続時間はノイズキャンセリングがオンの場合は30時間、オフにして使用した場合は38時間駆動。充電しながらの使用は推奨していません。

デザインに関しては、願わくばWH-1000XM3のブラックやゴールドと同じく2色だけでなく、新色を用意してほしかったところですが、WH-1000XM3のモデルよりも隙間を減らしているため、見た目もスッキリとしています。

WH-1000XM4
▲「WH-1000XM3」(左)と、「WH-1000XM4」(右)

WH-1000XM4
▲WH-1000XM4ブラック
WH-1000XM4
▲WH-1000XM4プラチナシルバー

WH-1000XM4
▲製品型番が印字されている

付属のケース内部は、傷が付きにくいような素材を使用しており、付属のケーブルや航空機アダプタなどを一緒に折りたたんだ状態で収納しておくことが可能です。

WH-1000XM4
▲WH-1000XM4のケースはボディカラーに合わせた2色を展開

WH-1000XM4
▲WH-1000XM4を折りたたんだ状態でケースに収納しておくことが可能

お買い得感のあるWH-1000XM4は間違いなく買い

これだけの機能や技術を詰め込みながら市場想定価格が税別4万円のWH-1000XM4は、お値段以上の魅力を感じられる製品です。なぜなら、ヘッドホンとしての基本的なポイントをしっかりと抑えながら、スピーク・トゥ・チャットや2台同時接続などを新たに搭載しているため。これからテレワークにヘッドホンの導入を検討されている人にこそ、WH-1000XM4をオススメしたいです。


関連記事: