SONY WH-XB910N

ソニーは2021年9月29日、ノイズキャンセリング機能搭載のワイヤレスヘッドホン「WH-XB910N」を発表、10月8日に発売します。市場想定価格は2万6400円(税込み、以下同)です。

本製品は迫力の重低音再生がうたわれる EXTRA BASS(エクストラベース)シリーズの最新モデル。非可逆圧縮のBluetoothオーディオながら最大96kHz/24bit(ハイレゾ相当)の楽曲データを伝送できるLDACコーデックや、オブジェクトベースの立体音響技術を使った音楽体験 360 Reality Audio に対応します。

また、デュアルノイズキャンセリングテクノロジーを採用し、FF(フィードフォワード)マイクx2とFB(フィードバック)マイクx2を組み合わせ、高いノイキャン性能と自然な外音取り込みを実現できるとのこと。

通話に関しては、口付近に備わるマイク、FFマイク、センサを制御し、高度な音声信号処理を行う、高精度なボイスピックアップテクノロジーを搭載します。

続く特徴である、Bluetoothのマルチポイント対応については、WH-1000XM4(ソニーストア価格4万4000円~)と同様に2台の機器を同時に接続することで、接続先を切り替えるという手間が不要。かゆいところに手が届くような仕様です。

便利機能としては、Googleアシスタント、Amazon Alexa のほか、スマートフォンやパソコンに近づけるだけでペアリングを促すポップアップ画面が立ち上がる「Swift Pair」

「Google Fast Pair」に対応。もちろんソニーのワイヤレスオーディオ機器と連携する「Sony|Headphones Connect」アプリでイコライザーの調整や、ユーザーの行動を自動検知し、最適な外音取り込みモードに切り替える 「アダプティブサウンドコントロール」機能を使うことができます。

このほかの特徴や付属品は以下の通り。

  • ハウジング部をフラットに折りたためるスイーベル機構を採用

  • 型式:密閉型

  • ドライバーユニット:ダイナミック40mm

  • 対応BTコーデック:LDAC / AAC / SBC

  • NC ON時30時間連続再生。急速充電対応で10分充電で4.5時間再生可能

  • 連続音楽再生時間:NC ON時 最大30時間、NC OFF時 最大50時間 • 充電時間:10分充電4.5時間再生

  • 質量:約252g

  • 付属品:USB Type-Cケーブル(約20cm) 、オーディオケーブル(約1.2m)、キャリングケース

  • カラー:ブラックとブルー

ヘッドホンは価格帯は広く、自分にとってのベストチョイスがしずらいカテゴリーでもありますが、WH-XB910Nは3万円以下のヘッドホンを探し求めるユーザーにとって『待ってました的な機能・仕様』がてんこ盛りな製品といえそうです。あえてわがままをいうなら防滴くらいの耐水性を持たせてほしかったですが、次期製品に期待したいところです。

SONY WH-XB910N
SONY WH-XB910N
SONY WH-XB910N


ソニーのストア(Amazon.co.jp)

ソニー