engadget

ソニーが新型スマートフォン「Xperia Ace II」を発表しました。高齢者やスマホ初心者のニーズを汲んだ低価格モデルで、国内の一部通信キャリアが5月下旬以降に発売します。現時点ではNTTドコモが取り扱いを発表しています。

(画像はドコモ版)

「Xperia Ace II」は、5.5インチ 縦横比18.7:9のディスプレイを搭載したスマートフォンです。解像度はHD+で、パネルは液晶(LCD)を採用しています。

エントリー向けではあるものの基本機能も一通り充実しており、側面に指紋センサーを搭載しマスクをしながらロックを解除できるほか、おサイフケータイ(FeliCa)にも対応します。

カバーガラスにはコーニングの「ゴリラガラス6」を採用。IP68防水防塵にも対応しており、水回りでも安心して使えるといいます。

Xperiaシリーズで初めて画面上に「ノッチ」(切り欠き)を設けるなど、ベゼルを狭めたデザインも特徴的。これによって、5.5インチの大画面ながら、4.7インチのiPhone 8と同等のコンパクトサイズを実現しています。

バッテリー容量はXperia 1 IIIと同等の4500mAhで、独自の充電制御技術によって、3年使ってもバッテリーが劣化しにくい(充電の上限容量が購入時の80%を下回りにくい)仕様だといいます。

engadget

背面カメラは25mm(35mm換算)の1300万画素 1 / 3" F2.0の単眼構成。深度測位カメラを搭載し、ポートレート写真も撮影できます。

高齢者向けの機能として、文字サイズを拡大し簡単に操作できるモードを搭載します。

プロセッサはMediaTekのHelio P35を採用、RAMは4GB、ストレージ容量は64GB。

その他、3.5mmオーディオジャックにも対応。本体サイズは140 x 69 x 8.9mm 重量159g。カラーはブルー・ブラック・ホワイトの3色展開です。

engadget

ターゲットについてソニー側は、高齢者やスマートフォン初心者を挙げているほか、特に停波が間近に迫る3G端末からの乗り換え需要も狙っているとのこと。

Xperia 1 / 5 / 10シリーズから外れた「Xperia Ace II」という端末名称については、映像やゲームなどエンタメ体験に重点を置いた1 / 5 /10シリーズに対して、「Xperia Ace II」ではシンプルさやコンパクトさに重点を置いており、コンセプトが明確に異なるためと担当者は説明しています。

(更新)ドコモ版の本体価格は税込2万2000円です。