税別5900円の完全ワイヤレスイヤホン発売、片耳3.9gでIPX5相当の防水仕様

SOUNDSOUL E1

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年09月11日, 午後 02:00 in soundsoule1
0シェア
FacebookTwitter
SOUNDSOUL E1

エム・エス・シーは、片耳わずか3.9gでIPX5相当の防水仕様を実現した完全ワイヤレスイヤホン「SOUNDSOUL E1」を発売しました。価格は5900円(税別)です。

SOUNDSOUL E1 は、イヤホンブランド「SOUNDPEATS」と、日本の完全ワイヤレスイヤホンブランド「M-SOUNDS」がコラボレーションしたことで誕生したブランド「SOUNDSOUL」の第1弾製品です。

イヤホン片耳の重さは3.9gと軽く、Qualcomm社の高性能SoC「QCC3020」を採用します。また、高感度アンテナを搭載し、安定して接続するとのこと。

SOUNDSOUL E1
▲高性能SoC「QCC3020」を採用

口径7.2mmのドライバーユニットは、1本の繊維の太さが髪の毛の約1000分の1といわれる超微細な繊維質「バイオセルロース」素材の振動板を採用。薄型でありながら剛性の高い本素材を採用することで、歪みが少なく聞き疲れを起こさない自然な音の再生を実現するとアピールします。

SOUNDSOUL E1
▲口径7.2mmのドライバーユニットを搭載

コーデックはSBCとaptXに対応し、イヤホン左右の信号を個別に送信する TrueWireless Stereo Plus 方式にも対応。ただし音楽再生機側も同方式に対応している必要があります。

連続再生時間は約7時間で、専用充電ケースと併用することで最大24.5時間の使用が可能。充電時間はイヤホン本体と充電ケース共に約2時間。イヤホン本体は約7時間の連続使用が可能です。aptXコーデック使用時は再生時間がおよそ2~3割短くなるそうです。

サイズはイヤホン本体が17.4x21.3x27.3mm(WxDxH)、充電ケースが32x28.8x66mm(WxDxH)、充電ケースの重さは約26.3gです。

SOUNDSOUL E1
▲充電用USBケーブル(MicroB-TypeA)とイヤーピース(S/M/L)が同梱されている


source:エム・エス・シー(@Press)



【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: soundsoule1, wireless, wireless headphones, wireless earbuds, earbuds, earphones, bluetooth, Qualcomm, audio, Sound, news, gear
0シェア
FacebookTwitter