sourcenext

AI(人工知能)翻訳機の「ポケトーク」を手がけるソースネクストは6月15日、リモート会議向け製品の新ブランド名「KAIGIO(カイギオ)」を冠した端末とソフトウェアを発表しました。

  • リモート会議専用機「KAIGIO MeePet(ミーペット)」(2万9700円)

  • 会議室カメラ用ソフト「満面KAIGIO」(1万9800円)

  • リモート会議アーカイブソフト「全録KAIGIO」(9900円)

KAIGIO MeePet は、リモート会議ソフト、マイク、カメラ、スピーカーを搭載し、ユーザー側が別途機材を用意せずに済むのが大きなメリットです。Zoom、Microsoft Teams、Webex Meetingsに対応し、ディスプレイに会議IDとパスワードをタッチ入力すれば、会議に参加できるのも特徴のひとつです。

また、Outlookアカウントを連携すれば、予定表の読み込みができるほか、時刻表示とアラーム音で会議を通知する機能、会議開始までの時間を表示する機能を利用できます。

さらに、グリーンバック不要でAIが人物を認識する「XSplit VCam」のバーチャル背景エンジンを搭載。背景画像は、100万種類を超える素材からの検索や、USBメモリやHDDからの読み込みが可能です。

このほか、5000mAhバッテリーを内蔵し、Zoom会議であれば連続で約1時間30分から2時間程度、スリープモードを解除したメイン画面の待機状態では4時間程度、コンセントに接続せず利用できます。

KAIGIO MeePet
KAIGIO MeePet
KAIGIO MeePet

KAIGIO MeePet
KAIGIO MeePet
KAIGIO MeePet
KAIGIO MeePet
KAIGIO MeePet
KAIGIO MeePet

  • サイズ:213.63(幅)x108.88(厚み)x163.93(高さ)mm

  • 重量:約966g

  • RAM:2GB

  • ROM:16GB

  • 無線LAN:802.11 a / b / g / n / ac

  • 有線LAN:CAT5

  • 端子類:イヤフォンジャック(4極ステレオミニプラグ) / 有線LAN / HDMIx1 / USB Type-A x2 / USB Type-C(充電専用)

  • 同梱物:スタートガイド / 安全上のご注意 / ハードウェア保証書 / 製品登録はがき / 電源アダプタ一体型USB Type-Cケーブル

  • 予約開始日 / 発売日:6月15日 / 8月18日

満面KAIGIOは、独自のAI顔認識エンジンを用いて人物を自動でクローズアップできる会議室カメラ用ソフトで、利用には別途webカメラとweb会議ソフト ( Zoom 64ビット版 または CISCO Webex ) が必要です。

会議室にいる人数や配置に合わせて、自動で最適な画面に切り替わり、人物が移動しても自動追尾する機能を持つほか、ホワイトボードや商品などだけを映すことも可能です。

sourcenext

  • 対応OS:Windows 10 (64ビット)

  • インストール容量:約600MB

  • 対応CPUとメモリ: Intel Core i5-5200U ( 2.20GHz ) 相当以上 / 8GB以上

  • 推奨解像度:1024×768以上

  • 発売日:ダウンロード版が8月26日、パッケージ版が10月6日

全録KAIGIOは、Zoom会議の自動録画が可能なリモート会議アーカイブソフト。会議システムに標準で付いている録画機能を参加者が使用する際、会議主催者への申請が必要なケースがありますが、独立した全録KAIGIOでは参加者の意思で録画できるそうです。

また、録画後にサムネイルからの再生が可能で、確認したい箇所をすぐに探せるほか、必要な範囲だけをトリミングすることも可能。録画だけでなく、スクリーンショットの自動生成もでき、共有資料の閲覧にも役立つとしています。

  • 対応OS:Windows 10 / 8.1 (いずれも32ビット / 64ビット)

  • インストール容量:約100MB

  • 対応CPUとメモリ: 1GHz以上 / 4GB以上

  • 推奨解像度:1024×768以上

  • 発売日:ダウンロード版が6月15日、パッケージ版が7月30日

sourcenext


Source:ソースネクスト


関連記事: