Space Perspective
Space Perspective

ケープカナベラルに本拠を置くSpace Perspectiveが、2024年に予定する最初のバルーンによる宇宙旅行のチケット予約を開始しました。

この旅行では、乗客はSpaceship Neptuneと名付けられたゴンドラに乗り込み、サッカーのスタジアムほどもある巨大かつ「先進的な宇宙バルーン」で吊り上げられて高度3万480mまで上昇します。そしてそこでは、丸い地球の稜線からのご来光を拝み、さらに上を見れば、ほぼ何にも遮られない漆黒の宇宙に輝く星々を眺めることができるはずです。

いまやBlue Originは商業宇宙飛行のチケット1席分をオークション販売し、Virgin Galacticもまた宇宙旅行実現まであと少し、という段階に差し掛かっています。

しかしこの2社の宇宙旅行は窮屈なカプセルに押し込められて、またはプライベートジェットぐらいの大きさの機体に乗り込んで、離陸からほんの数分で宇宙に到達、少しの間だけ無重力状態を体験して地上に戻るといった慌ただしいスケジュールになると思われます。

これに対してSpaceship Neptuneでの宇宙旅行は、全体で約6時間というゆったりした”旅行”になる予定です。機内にはパイロット1名と乗客8名のための「リクライニング式の豪華なシート」が用意されており、さらに軽食を取れるバーや、スマートフォンでライブ配信もできるWiFi、周囲360度をまるっと見回せるパノラマウィンドウ、そしてデッキの下にはトイレなども備え付けられます。

宇宙を満喫した旅行の終わりでは、この乗員が乗ったゴンドラは海岸に近い海に着水し、出迎えの船が着水したデッキをクレーンで引き上げます。

Space Perspective
Space Perspective

チケット代は12万5000ドル(約1390万円)なので、一般的な感覚では非常に高いものの、SpaceXやBlue Originのチケットに比べれば微々たるものでしょう。


Space Perspectiveは6月18日に無人で初の試験飛行を完了しており、予定どおり高度3万m以上の高度にも到達、最後はメキシコ湾に着水しました。最新の予定では、Space Perspectiveは商業フライトを2024年後半より開始するとのこと。現在1席あたり1000ドルの予約金を受け付けています。


Source:Space Perspective