SpaceX
SpaceX

SpaceXが開発中のロケット兼宇宙船Starshipのプロトタイプが、高高度上昇試験初めてその形をとどめたまま着陸に成功しました。小さな火災はあったものの、記事執筆時点でもテキサス州ボカチカにそびえています。

人気番組「サタデー・ナイト・ライブ」への出演準備中のイーロン・マスク氏は控えめに「スターシップが正常に着陸」とだけツイートしました。また現地からのライブ配信でも、SN15はパッド上に立ち続けていることが確認されました。

これまでのStarshipプロトタイプは、SN10が初めて地上への着地に成功したかに思えたものの、燃料系統の問題が発生して十分な減速ができず、着陸時に着陸脚を破損。斜めになった機体は数分後に大爆発を起こしました。

それに続くSN11に至っては地上に降りる前に通信が途絶え、そのまま墜落というありさま。Starshipの開発は、状況的には前進どころかやや後退しているようにも思えました。

しかし、マスク氏はSN8~SN11までで得たデータを集積して、SN15に「メジャーアップグレード」と称する変更を加えて今回の高高度試験飛行試験に臨みました(SN12~14は完全には建造されることなく、スキップされています)。

マスク氏いわく、SN15は「構造からアビオニクス・ソフトウェアそしてエンジンとあらゆる部分に何百もの設計上の改良を施している」とのことで、爆発におわった過去の試験における問題点を徹底的に潰すアップグレードを行ってきたと言えそうです。

前回は後退したかに思えたStarshipの開発は、ようやく初めて高高度飛行試験に成功したところですが、地球上の各地、軌道上のISS、そして月さらに遠くへと飛ぶことを目指す再利用可能な宇宙船のビジョンに向け、今回はかなり前進したと言えそうです。

Source:SpaceX(YouTube)