SpaceX、野口飛行士搭乗のCrew-1打上げを10月31日に変更。ソユーズ帰還に伴う調整

Crew Dragon初の商業ミッション

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年09月30日, 午後 03:40 in aceX
0シェア
FacebookTwitter
NASA
NASA

NASAとSpaceXが、Drew Dragon宇宙船の初の商用ミッションとなるCrew-1の打上げを、10月31日におこなうと発表しました。もとは10月23日打上げの予定でしたが、第64次長期滞在ミッションのクルーを乗せたソユーズが10月14日に打上げ、10月21日にISSから離れる予定であり、地上管制およびISS双方の人員が万全の体制を維持してミッションを遂行するのには時間が足りないと判断されました。

NASAは「新しい日程は、ソユーズの打上げと着陸ミッションからCrew-1の打上げおよび期間日程の衝突を解消します。間を開けることで、必要に応じてステーションのエア漏れ箇所を探し出して修復するための追加のテストを実施する良い機会も提供されることになります」と述べました。

Crew-1ミッションではNASAのマイケル・ホプキンス、ヴィクター・グローヴァー、シャノン・ウォーカー、そしてJAXAから野口聡一飛行士がISSへと出発します。すでにこのためのCrew Dragon宇宙船は8月にケープカナベラルに到着しており、ハロウィーンにあたる10月31日の午後2時40分(現地時間)にケネディ宇宙センター39A発射台から打ち上げられます。

source:NASA


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: aceX, Crew Dragon, NASA, Space, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents