SpaceX
SpaceX

天候不順から1日順延となっていたSpaxeX初の商業人員輸送ミッションCrew-1の打ち上げが日本時間11月16日午前9時27分にアメリカ・フロリダ州にあるケネディ宇宙センター39A発射施設で行われ、日本の野口聡一飛行士を含む4人のクルーが軌道へと飛翔しました。

打ち上げから3分後には1段目ブースターを分離、2段めに点火して順調に上昇を続け、1段目ブースターも打ち上げ9分30秒後に着陸を成功、いつもどおりのSpaceXの打ち上げ風景が展開されました。

前回のDemo-2ミッションと異なるのはCrew Dragon機内のクルーが2人から4人に増えていること。おもわず「密です」などとツッコミが聞こえてきそうですが、新型コロナのパンデミックに関係なく、飛行士らは打ち上げ前は一定期間の隔離が行われるため、問題はないはずです。

SpaceX
SpaceX

打ち上げ12分前後には第2段ブースターの分離も完了し、15分後には日本国内のテレビでも野口聡一氏搭乗の宇宙船が打ち上げ、軌道投入に成功の速報が出されました。

Crew Dragonは約27時間をかけてISSへと向かい、日本時間17日13時ごろ(米国東部標準時23時)にドッキングの予定です。

source:SpaceX(YouTube)