SpaceX
SpaceX

SpaceXが、2021年第4四半期までに初の民間飛行士だけのCrew Dragonミッション「Inspiration4」を行うと発表しました。このミッションは支払い処理企業Shift4PaymentsのCEO、ジャレッド・アイザックマン氏が率い、残り3つの座席を民間の飛行士搭乗用に寄付するとのこと。残りの飛行士は数週間後に発表されます。

Crew Dragon宇宙船はNASAの飛行士だけでなく、民間飛行士でも軌道に到達できるように設計されているとSpaceXは説明しています。もちろん何の訓練もなく宇宙に行けるわけではなく、搭乗者はみなFalcon 9ロケットおよびCrew Dragon宇宙船について学び、さらに軌道力学、微重力/無重力訓練など宇宙飛行士としてのトレーニングを受け、さらに緊急時の対応や宇宙服の着用から宇宙船への出入りの演習、そして部分的/完全なミッションのシミュレーションを通じて安全に宇宙飛行をこなせるよう訓練されます。またミッションは全行程においてつぶさに監視され、万全を期して行われます。

なお、このInspiration4はその経過をSNSで公開する予定であり、ミッションを通じて小児の難病治療・研究で知られるセント・ジュード小児研究病院への寄付を呼びかける目的もあるとのこと。ミッションにかかった費用をそのまま病院に寄付した方が高額だった…などということにならないよう、たくさんの支援が集まることを願わずにはいられません。

ちなみに、SpaceXは、Crew Dragonによる商業宇宙旅行の実施も昨年3月に発表しています。こちらは民間宇宙会社AxiomがSpaceXとのパートナーシップで行うもので、NASAの飛行士がCrew Dragonを操縦、3人の観光客を乗せてISSよりもさらに高高度から地球を見下ろすことができるという内容になっています。予定どおり準備が進んでいるならば、今年後半には商業宇宙旅行の第1便が出発することになるはずです。

Source:SpaceX