Spider-Man
Marvel / Sony

プレイステーション5本体と同時の11月12日に発売される『Marvel's Spider-Man:Miles Morales』(スパイダーマン マイルズ・モラレス)に、早期購入特典として映画『スパイダーマン:スパイダーバース』版のスーツが含まれることが分かりました。

新たに公開された動画では、スパイダーバース版スーツを着ると外見が変わるだけでなく、映画そっくりにカクカクとコマ落ちして漫画的なポーズを挟むアクションまで再現しています。

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』(Into the Spider-Verse)は、2018年に公開されたCGアニメ。PS4 / PS5版の新作スパイダーマンと同じ「マイルス・モラレス」を主人公としていますが、どちらも漫画版の人物をもとに新たに作られた世界なのでそれぞれパラレル扱いです。

映画スパイダーバースは、とある事件で発生した異次元への門により危機に瀕した世界を、多次元宇宙からやってきたさまざまな「スパイダーマン」たちが協力して救う物語でした。

最大の特徴は、手書きコミック風とフルCGアニメを融合させた新たな表現。CGでありながら手書き風の線や誇張したアクション、さらに主人公が感じる違和感や別次元の存在を表現するため印刷のインクの点や色ズレまでを、手書きや特製のシェーダーで表現した見たことのないアニメーションは高い評価を受けました。

ゲーム版の新作『スパイダーマン:マイルズ・モラレス』は、たとえばPS5版ならレイトレーシングなど新たな機能を使った豪華な4K映像では30fps(一秒間に30コマ)、使わず解像度を下げたパフォーマンスモードならば60fpsで、もちろんゲームCGの滑らかな動きです。

しかしこのスパイダーバース版スーツを身にまとうと、主人公の動きだけfpsが下がってカクカクとコマ落ちした表現になり、アクションもコミックブック風ポーズを決めるようになります。実際の効果は動画をどうぞ。この効果はスーツのMod (改造)能力として、他のスーツとくみあわせ

『スパイダーマン:マイルズ・モラレス』はPS5本体と同日の11日12日発売。PS4版を購入すれば、あとからPS5本体を買った場合に無料でアップグレードできます。(ディスク版からアップグレードする場合、PS5本体は光学ディスクドライブありの通常版が必要です)。

Spider-Man
Marvel / Sony

スパイダーバース版スーツを含むデジタルボーナス・コンテンツは、11月18日23時59分までの購入が対照。

PS Store価格は通常版が6490円(税込)、前作のPS5リマスター版と追加ストーリーを含むアルティメット・エディションは8690円です。

PS4スパイダーマンは傑作ながら、PS4 Proを使っても30fps (秒間30コマ)止まりで、高速なアクションへの応答性

ソニー プレイステーション5先行プレビュー 本体編 #PS5

お詫び:PS4『スパイダーマン』レビュー掲載が遅れた件につきまして (Marvel's Spider-Manレビュー)