ボストン・ダイナミクスのロボット犬が単独で道端を歩いている姿が撮影される

いきなり街中で遭遇するとかなり怖いはず

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年09月29日, 午後 02:00 in robots
0シェア
FacebookTwitter
LISBON, PORTUGAL - NOVEMBER 07: Marc Raibert, Founder & CEO, Boston Dynamics, speaks on "Welcome to the future of mobile robots" and demonstrate their capability onstage with Spot, one of them at Center Stage of Web Summit in Altice Arena on November 07, 2019 in Lisbon, Portugal. Web Summit is an annual technology conference which brings together a variety of technology companies to discuss the future of industry. This year’s event runs from November 4- 7 and is expected to attract around 70,000 participants.  (Photo by Horacio Villalobos/Corbis via Getty Images)

9月25日、Twitterにボストン・ダイナミクス社のロボット犬「Spot」が街中を散歩している様子を撮影した動画がアップされました。

これはカナダのオンタリオ州北部の住宅街で撮影されたもので、歩道を散歩しているSpotが撮影者に気づいて立ち止まる姿が収められています。Spotはしばらく様子を見た後、何事もなかったかのようにその場を去っていきますが、まるで生きているかのような動きを見せました。

ツイートは2万件近くリツイートされるなど大きな反響を呼び、Twitter上では「これは後ろで誰か操作しているはず」「これは驚異だ」など、多くの人が動画を見た感想を述べています。

その後、ボストン・ダイナミクス社はTwitterの公式アカウントで今回撮影された動画について説明。それによると、このSpotはカナダのユーザーが所有しているもので、日常的な移動テストを実施しているとのこと。撮影時は夕方の散歩中で、Spotの所有者は後ろで操作をしていたそうです。

Spot自体はすでに市販されているため、今回動画が撮影された地域だけでなく、他の地域でも移動中のSpotに遭遇する可能性があります。実際に歩いているSpotと道端で遭遇したら、正直怖いかもしれません。

Source:Boston Dynamics


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: robots, Boston Dynamics, SPOT, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents