Spotify(スポティファイ)の車載デバイス「Car Thing」らしき画像が、海外にて報告されています。

FCC(連邦通信委員会)への登録により判明した、今回の画像。四角くディスプレイを搭載した姿はまるでスマートフォンのようで、右下には操作用ダイヤルと思わしき円形の物体が存在します。なお電源には12Vコンセント、つまりシガーソケット電源を利用するとしています。

Spotifyは2019年5月、音声制御可能な車載スマートアシスタント搭載デバイス「Car Thing」の公開テストを発表しました。これは車両とスマートフォンの両方にBluetooth接続し、Spotifyアカウントのプレイリストにアクセスしたり、あるいは音楽ストリーミングの使用状況データを集めたりすることが目的だとされています。

しかし発表から1年以上経った今でも、Spotifyは実際の製品を正式発表していません。また今回発見されたデバイスが単純なテスト用のものなのか、あるいは実際の製品もこのような姿で登場するのかも不明です。

フィナンシャル・タイムズの報道よれば100ドル(約1万円)前後で発売される可能性がある、この車載デバイス。スマートフォンでも十分にその役割を果たせる気がしないわけでもありませんが、Spotifyの今後の出方に注目です。

Source: FCC

Via: The Verge