Spotify

音楽ストリーミングサービスのSpotifyは7月28日(現地時間)、複数のユーザーと一緒にプレイリストやポッドキャストを楽しめるグループセッション機能を拡張したと発表しました。

グループセッション機能は、2020年5月にベータ版としてリリースされたもの。たとえば、パーティなどでプレイリストを再生している場合、再生中の曲を参加者がスキップしたり、聞きたい楽曲を追加したりといったことが可能になります。

これまでは、グループに参加するには、ホストが生成したコードをゲストがスキャンする必要があったため、物理的に同じ場所にいるユーザー同士でしか利用できませんでした。

しかし今回の拡張で、ホストが招待リンクを作成し、その共有が可能となりました。これにより、物理的に離れている場所にいても、同じグループセッションに参加できます。

とはいえ、パーティー会場など、同じ空間を共有しているならともなく、離れた場所にいる人同士で同じ音楽を聴くことに、どんなメリットがあるのか疑問も湧くところです。これについては、離れた友人と同じ時間にジョギングをする際、同じ音楽を聴くことで一定のペースを保ったり、離れた家族と同じ音楽を共有することで、共に過ごしている感覚を体験できるとしています。

なお、グループセッション機能は、最大5人で利用できますが、参加者全員がプレミアムユーザーの必要があります。また、この機能はいまだベータ版であり、今後も改良を続けていくとのことです。

source: Spotify