Spotify
Spotify

Spotifyは、1年ほど前に発表したロスレス配信プラン「Spotify HiFi」について、Apple Musicやその他ストリーミングサービスがすでにロスレス配信を実現しているにもかかわらず、いまだ提供を開始できていません。

この状況に対してSpitifyは、「アーティストやファンから待望の声が寄せられており、将来的にそれを提供できることを嬉しく思います」とコミュニティページにコメントしました

Spotifyは2017年に米国の一部ユーザーを対象に月額7.50ドルでCDロスレス音質でのストリーミングを試験的に提供していたことがあり、それを通常サービスに持ってくるのは技術的に問題があるわけではないはずです。またApple Music、Amazon Music HDやDeezerなどメジャーなストリーミングサービスはすでにロスレス配信を提供しています。

Spotifyはロスレス配信について提供時期だけでなく、追加料金が発生したり別プランとして提供になるのかなど、詳細についても明らかにしていません。しかし、2021年にロスレスおよび空間オーディオを提供しはじめたApple Musicは、既存プランに追加料金なしでそれらを追加しており、Spotifyが追加料金を徴収すればユーザーから不興を買う可能性がありそうです。

ひとつわかっていることは、Spotify HiFiがWiFiを通じてアプリから他のスピーカーやその他再生機器を直接操作したりデバイスを切り替えて流したりできるSpotify Connectでも利用できるようになるということ。もしかすると、このSpotify Connectまわりのハードウェアやソフトウェアの対応作業に、手間と時間がかかっているのかもしれません。

ともあれ、推奨アルゴリズムの優秀さや操作のしやすさを好んでSpotifyを使い続けているユーザーの方々にとっては、いまもCDロスレス配信が諦められていないとわかっただけでもひと安心かもしれません。そしてより良い音でSpotifyが楽しめる日まで、いましばらく、辛抱強く待ちたいところです。

Source:Spotify