Spotify Greenroom
Spotify

音楽ストリーミングサービスの大手Spotifyが、6月16日(現地時間)、新しいソーシャルオーディオアプリとなるGreenroomをリリースしました。iOSとAndroidで利用できます。


昨今はClubhouseを筆頭に、Twitterのスペースや、今夏提供予定のFacebookのLive Audio Roomsといった音声チャットサービスが増えていますが、Greenroomもその一つ。

Spotifyのアカウント(無料アカウントでも可)があれば利用でき、誰でも簡単に音声チャットルームをホストできます。スピーカーとリスナーが分かれているのも既存サービスと同様です。

なお、Clubhouseとは違い、チャット内容はホスト側が録音可能となっています。この辺りはInstagram Liveなどと近い雰囲気です。

また、クリエイターがGreenroomで収益を得られるよう、Creator Fundの設立も発表しています。オーディオコンテンツの視聴回数や視聴時間などに応じて報酬を支払うというもので、クリエイターをサポートするのが目的だとしています。ただし、いまのところは米国限定です。


Spotifyが音声チャットサービスに参入というのは、やや意外な印象はあるものの、決して唐突なものではありません。Spotifyは3月、スポーツ向けのライブオーディオアプリ「Locker Room」の運営元であるBetty Labsを買収

実はGreenroomは同アプリを改修したものであり、提供元もBetty Labsのままとなっています。

現状では後追い的なサービスではありますが、Spotifyの強みでもある著名なアーティストなどに使ってもらえれば、そのコミュニティを丸ごと獲得する可能性もありそうです。

Source: Spotify