Spotify
Spotify

Spotifyは5月10日(現地時間)、ポッドキャストの新機能として、タイムスタンプを付けての共有が可能になったと発表しました。

これまでSpotifyでポッドキャストを共有する場合、そのエピソード全体の共有となり、友人に「ここを聴いてほしい!」と指定することができませんでした。しかし、タイムスタンプを指定することで、それを受け取った相手は、指定された場所から聴き始めることができます。YouTubeで、タイムスタンプを指定して共有するのと同様の機能です。

Spotifyは以前からポッドキャストに注力しており、その甲斐あってか、2020年の第4四半期にはアクティブユーザーの4分の1(約8600万人)がポッドキャストを利用しているとのことです。また、4月末には米国でポッドキャストのサブスクリプションサービスも開始しています。

タイムスタンプを付けてポッドキャストを共有することで、ポッドキャストを聴いてもらうきっかけを増やし、ポッドキャストユーザーの増加に繋げるのが狙いなのでしょう。

このほか、楽曲のアルバムアートにループする短い動画を設定できるCanvas機能にも変更が加えられました。これまではCanvasをInstagramストーリーにしか共有できませんでしたが、あらたにSnapchatへの共有にも対応。また、どのように表示されるかプレビューも可能となっています。

Source: Spotify