VALERIE MACON/AFP via Getty Images
VALERIE MACON/AFP via Getty Images

Spotifyが、映画監督J・J・エイブラムスの制作会社Bad RobotとPodcast制作に関する複数年の独占契約を結んだと発表しました。Bad Robotは新しく設立するオーディオ部門Bad Robot Audioで制作するナラティブノンフィクション / フィクションポッドキャストを優先的に得ることができます。

Spotifyの最高制作責任者ドーン・オストロフは「Bad Robotは、世界で最も魅力的で受賞歴のあるコンテンツを制作してきたプロダクションであり、彼らの想像力に富んだストーリーがオーディオ空間でどのように展開されるのか非常に楽しみにしています」「Bad RobotとJ・J・エイブラムスの、心を揺さぶるような世界を構築するストーリーを、大勢の熱狂的ファンとともに、我々の広範なワールドクラスのオーディオタレントのカタログに加えることができて光栄に思っています」とコメントしています。

J・J・エイブラムスは今回の契約に「Podcastはエンターテインメント、教育、発見の場として明らかに重要な役割を果たしており、テレビ、映画、ゲーム、音楽の分野で活動してきたBad Robot社内でも、Podcastは常に話題にあった」と述べました。

Bad Robot Audioを率いるのはプロダクションのPodcast担当者で、かつてはSpotifyにも幹部として在籍していたことがあるクリスティーナ・チョイ。さかのぼればAudibleでコンテンツパートナーシップディレクターという経歴もあり、まさに適材適所。映像部門と同様にBad Robot Audioが成功を収めるならば、それはSpotifyにとっても新たなビジネスの流れを作り出すものとなりそうです。

Spotifyはこれまで、WWE、オバマ夫妻、俳優のダックス・シェパードといった著名ホストとの独占配信契約でPodcastコンテンツを育ててきました。しかし制作スタジオとの提携は生み出されるコンテンツの質を引き上げ幅を拡げることになると考えられます。

ここ最近のBad Robotはコンテンツ流通においてストリーミング配信へのシフトを鮮明化しており、ゲーム分野にも進出、映像だけにおさまらないデジタル戦略を構築しつつあります。Spotifyとの提携は、Podcastが次の成長に向けた重要なステップであることを示しています。

Source:Spotify