モビリティメディア「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH」を運営するニューステクノロジーと、タクシーアプリ「S.RIDE」などを展開するソニーグループのS.RIDEは、タクシーの窓ガラスに広告を映し出す車窓モビリティサイネージサービス「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」を6月に開始します。

具体的な内容は、客を乗せずに走行する際、車内のプロジェクターで静止画の広告を窓ガラスに投影するというもの。タクシーの窓ガラスには、AGCが独自開発したガラス製の透明スクリーン「グラシーン」を採用し、クリアな投影が可能だといいます。

まずは都内を走行するJPN TAXI 100台で運用を開始し、S.RIDE加盟のタクシー事業社が保有する全ての車両に搭載する予定です。将来的にはタクシー配車アプリ「S.RIDE」で取得した位置情報などのデータと連携し、ロケーションや時間帯に最適化した広告やその他の情報を表示できるよう開発を進めていく方針です。

都内のタクシーは、人が多い場所を走行することに加え、人の目線の高さにあるため、タクシーの窓ガラスを広告媒体として活用することで、多くの人に情報を伝達できそうです。

Source : ニューステクノロジー , S.RIDE