SSC NA
SSC NA

量産車における世界最高速を目指し、SSC North America(SSC NA)のスポーツカー”SSCトゥアタラ”がふたたび計測に挑戦、こんどこそ「正真正銘の直線番長No.1」になったと発表しました。ただし、その記録は前回の疑惑の最高速には及びませんでした。

SSCトゥアタラは、当時ケーニグセグ・アゲーラが保持していた最高速度記録447km/hを破るべく2020年11月に記録に挑戦。往路484.53 km/h、復路532.93 km/h、平均508.73km/hでアゲーラの記録(平均447.19km/h)を大きく破ったと高らかに宣言しました

ところが、その走行の様子をとらえた動画がYouTubeにアップロードされるや、掲示板サイトRedditのユーザーからはおなじ場所で記録を出したアゲーラの走行動画と比較すると遅く見えるとの指摘があがりました。

SSC NAはこれに対して一度は動画の編集に問題があったため、改めてきちんと編集した動画を公開すると回答しました。しかしマシンに搭載していた記録証明のためのGPSデータもなぜか見つからず、動画を再編集したところで疑いは晴れない可能性が高いとも述べ、改めて記録挑戦の機会を設けるとしていました。

そして、年が明けて1月17日、SSC NAはケネディ宇宙センターのジョニー・ボーマー試験場に現れ、スペースシャトルが使用した滑走路で再び最高速記録に挑戦しました。

記録への挑戦の場所が違うため、今回は動画を見比べて検証することはできません。しかし今回はGPS速度追跡機器のメーカーRacelogicの立ち会いのもとで計測に臨んでおり、何らかの手違いが発生する余地はなくしてあります。その結果、SSCトゥアタラは往路450.1km/h、復路460.4km/h、平均455.3km/hでアゲーラの記録の6km/h上を行くことに成功しました。

ただ、記録としては疑惑とされた最高532.93km/hにはほど遠く「辛くも更新」できた、と言うほうが適切でしょう。11kmも直線が続く高速道路を使った前回とは異なり、今回の滑走路は5kmに満たず、加速区間を3.7km、減速区間を1.1kmとする必要があったことが理由のひとつと考えられます。

またドライバーも、前回はル・マン24時間レース出場経験もあるプロドライバー、オリバー・ウェブが担当していたのに対し、今回は歯科医でスーパーカーコレクターのラリー・カプリン博士がドライブしました。カプリンは320km/hをこえる速度域での走行経験があまりないうえ、計測走行で使ったマシンは出力がやや抑えられて、スペックにある1750馬力よりも約300馬力少ないマシンだったと述べています。

ともあれ、最高の条件ではなかったかもしれないものの、そして記録としての差はわずかだったものの、今回の最高速記録は間違いなく最高速記録と認められました。SSCトゥアタラは正真正銘の直線番長No.1になれました。

ただ、疑問に残るのはなぜ前回とは違う条件での記録挑戦にしたのかということ。完全なコンディションのマシン、プロのドライバー、そして同じコースでやるべきではなかったかという声もインターネット界隈からは聞こえてきます。前回のGPSデータがどこに消えたのかも謎のままです。SSC NA創業者のジェロッド・シェルビーは、いつかまた記録に挑戦し、300mph(約時速483km/h)を超えたいと述べています。

Gallery: SSC Tuatala world record run(2nd) | of 11 Photos

  • SSC NA
    SSC NA
    Image Credit: SSC NA
  • SSC NA
    SSC NA
    Image Credit: SSC NA
  • SSC NA
    SSC NA
    Image Credit: SSC NA
  • SSC NA
    SSC NA
    Image Credit: SSC NA
  • SSC NA
    SSC NA
    Image Credit: SSC NA
  • SSC NA
    SSC NA
    Image Credit: SSC NA
  • SSC NA
    SSC NA
    Image Credit: SSC NA
  • SSC NA
    SSC NA
    Image Credit: SSC NA
  • SSC NA
    SSC NA
    Image Credit: SSC NA
  • SSC NA
    SSC NA
    Image Credit: SSC NA
  • SSC NA
    SSC NA
    Image Credit: SSC NA

Source:SSC NA
via:Car and Driver