Star Wars Visions
Disney

日本のアニメスタジオが手掛ける公式『スター・ウォーズ』短編オムニバス『Star Wars: Visions』の配信日が9月22日に決定しました。

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』を構成するのは、7つのスタジオが担当する短編アニメ9作品。 プロダクションI.G. やトリガー、神風動画など日本を代表するスタジオが、スター・ウォーズ x 和の世界観で新作アニメを制作するプロジェクトです。

アニメスタジオと短編タイトルの一覧はこちら。

  • 神風動画 『デュエル』/『The Duel(原題)』

  • キネマシトラス 『村の花嫁』/『Village Bride(原題)』

  • サイエンスSARU 『T0-B1』『赤霧』 /『T0-B1(原題)』『Akakiri (原題)』

  • ジェノスタジオ  『のらうさロップと緋桜お蝶』/『Lop and Ochō(原題)』

  • スタジオコロリド 『タトゥイーン・ラプソディ』/『Tatooine Rhapsody(原題) 』

  • トリガー 『ツインズ』 『エルダー』/『The Twins(原題)』 『The Elder(原題)』

  • プロダクションI.G. 『九人目のジェダイ』/『The Ninth Jedi(原題)』

スター・ウォーズはジョージ・ルーカスの第一作から、スタイルの上で黒澤映画に強い影響を受けるだけでなく、デザインでも変な道着を着た主人公や戦国武将のような兜をかぶった悪役など、日本文化をモチーフにした部分が多々あります。

とはいえ、映画本編ではあくまで『遠い昔、はるか彼方の銀河系』の多様な文化を描く上で、古今東西の文化様式をリミックスするなかのエキゾチックな要素のひとつであったのに対して、『ビジョンズ』は現在の日本アニメ x スター・ウォーズのコンセプト。表現のスタイルもジャンルも多様で、本流の映画や実写ドラマとはまた別の「そういうのもあるのか!」的に楽しませてくれそうです。

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』は9月22日、Disney+独占で日米同時配信。

Disney+ のスター・ウォーズ関連作品としては、初の実写ドラマとして大成功した『マンダロリアン』はシーズン3が製作中です。配信はおそらく2022年。

2022年には、外伝映画ローグ・ワンに登場したキャシアン・アンドーが主人公のスパイもの『Andor』も配信を控えています。

その前に、『マンダロリアン』でカムバックを果たした映画本編の人気キャラが主人公の『The Book of Boba Fett』が2021年12月に配信予定。

ほか、アニメ『クローン・ウォーズ』から登場した人気キャラクターで、こちらも『マンダロリアン』で実写デビューしたジェダイ『アソーカ・タノ』が主人公のシリーズ『Ahsoka』、若きランド・カルリジアンが主人公の『Lando』、これまで実写で描かれたことのないハイ・リパブリック時代の銀河共和国を舞台に忍び寄るダークサイドを描く『The Acolyte』など、多数のプロジェクトが Disney+ 向けに進行中です。

スター・ウォーズ『オビ=ワン・ケノービ』は4月撮影開始、キャスト発表。ディズニープラス独占配信

『スター・ウォーズ』ボバ・フェット主役の新作がサプライズ発表。2021年12月配信

スター・ウォーズ新作映画・ドラマ一挙発表。長編映画は23年末、Disney+向けは『オビ=ワン』ほか約10本