スターバックスコーヒージャパンは1月6日、全国約1600店舗にSuicaなどの交通系電子マネーを導入しました。キャッシュレス決済手段を拡充させることで、利便性向上だけでなく、店員と客が現金に触れる機会を極力減らす狙いです。

現金以外の決済手段としては、すでにスターバックスカードやクレジットカードを用意しているほか、一部の店舗では LINE Pay を導入しています。新たに対応する電子マネーは、SuicaやPASMOのほか、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけんの9種類です。

また、「あなたの一杯を、キャッシュレスで。スターバックス×交通系電子マネーキャンペーン」を2021年1月13日から6月30日まで実施します。具体的には、ドリップコーヒーまたはカフェミストを交通系電子マネーで決済すると、2杯目が50円引きになります。


source:スターバックスコーヒージャパン