Jobs

アップルのスティーブ・ジョブズ元CEOが手書きした履歴書が、2月下旬のオンラインオークションに出品されることが明らかとなりました。

今回のオークションは、英国に拠点を置くCharterfieldsが主催。2月24日(現地時間)から開催され、3月24日に終了予定です。

出品されるジョブズの履歴書は、1973年に米オレゴン州リード大学を中退後に記入したもの。大学に半年間通ったジョブズは中退した後も興味のあるクラスだけを(もぐりの学生として)聴講し、合計18ヶ月を大学で過ごしたことが知られています。

ジョブズは履歴書に専攻として「英文」を、住所としてリード大学を記入しています。またスキルとしては「コンピュータ」と「計算機」が「デザイン」や「技術」とともに挙げられ、「エレクトロニクス」やデジタルの「テックまたはデザインエンジニア」の特殊技能を持っているとも書かれています。

Jobs

この書類が書かれた1年後、ジョブズは下級エンジニアとしてビデオゲーム会社のアタリに入社。そこで同じくアップル共同創業者のひとりスティーブ・ウォズニアックに「ブレイクアウト」基板の部品を減らす作業を依頼し、会社からは5000ドルのボーナスをもらっていたのにウォズには350ドルしか渡さなかった逸話は広く知られています

この履歴書は2018年にもオークションに出品されたことがあり、17万5000ドル(約1850万円)で落札されていました。ジョブズはファンに頼まれてもサインをたびたび拒否しており、そのためサイン入りアイテムは高値が付く傾向があります。そんなレアな直筆に加えて、もしも合格したとしても連絡先もよく分からないジョブズらしいマイペースさが人気を呼んだのかもしれません。

Source:Charterfields

via:MacRumors