DeFodi Images via Getty Images
DeFodi Images via Getty Images

音楽ストリーミング大手のSpotifyは、オーディオブックのサブスクリプションサービスStorytelのユーザーがアカウントをSpotifyにリンクすることで、年内にSpotifyのプラットフォームからオーディオブックを聴くことを可能にします。

Storytelは世界25か国で展開されている、定額で50万本以上のオーディオブックが聴き放題になるサービス(日本語含まず)。現在、ユーザーは専用アプリでオーディオブックを聴くことができます。しかし、リンクが有効化されればSpotifyアプリ中でオーディオブックの再生も可能になり、Storytelアプリは実質的に必要なくなります。

これはSpotifyがPodcastサブスクリプションプランと同時に発表した、オープンアクセスプラットフォーム(OAP)を利用する事例のひとつです。OAPを使えば、クリエイターやパブリッシャーが、Spotifyのログインシステムを利用し、さらにそのプラットフォームをじてコンテンツを配信できます。

Spotifyは「オーディオブックは、OAPを使って利用できるオーディオの1つの形式にすぎません。オーディオの可能性は無限です」と述べ、ほかにも様々なオーディオサービスを統合していくことに意欲を示し、今年後半にはさらに追加の情報を提供するとしています。

Source:Spotify