Virgin Galactic
Virgin Galactic

Virgin Galacticが、新世代の宇宙船SpaceShip III(VSS Imagine)を公開しました。SpaceX Starshipのステンレス光沢も宇宙船としては目をひくものですが、SpaceShip IIIのそれは鏡のようなメッキ光沢で輝き、温度条件の厳しい宇宙飛行において熱保護として機能することが想定されています。

モジュラー設計を採用しており、これまでの機体よりも部分部分のメンテナンスや改善をタイムリーかつ低コストに加えていけるようになっているのも新世代ならでは。Virgin Galactic曰く「将来の宇宙船の設計と製造の基盤を築く」機体とのこと。

とはいえ、その外観だけに着目すればSpaceShipTwoからその結成が大きく変わったようには見えません。運用方法も同じで、双胴の親機に抱えられて上空へ運ばれてからリリースされる打ち上げ方法も変わりません。それでもメンテナンスがしやすくなることで、最終的には年間400回の飛行が可能になることを望んでいるとのこと。

Virgin Group総帥リチャード・ブランソン氏は、「Virgin Galactic SpaceShipは、まもなく宇宙の素晴らしさをご自身で体験いただけるようになる何千人もの方々に、新たな変化をもたらす視点を提供するため、特別に作られています」と述べ「VSS Imagineは単に見た目が美しいだけでなく、増えていくVirgin Galacticの宇宙船群を象徴しています。すべての偉大な業績、創造、変革は、アイデアから始まります。私たちの願いは、宇宙へ旅立つすべての人が、新鮮な視点と新しいアイデアを得て地上に戻り、私たちの住む地球にポジティブな変化をもたらすことです」と語っています。

なお、Virgin GalacticはSpaceShip IIIの2号機になるVSS Inspireを建造中。また初号機となるVSS Imagineは今後地上での試験を実施したのち、夏には滑空試験飛行を開始する予定です。

Source:Virgin Galactic