Engadget

+Styleがeスクーター「Free Mile Plus」を6月15日に発売します。製品の配送は7月20日以降を予定しています。価格は10Ahモデルが17万3800円、13Ahモデルが18万3800円です。発売記念キャンペーンとして6月15日から7月10日までの期間、通常販売価格より3万4800円引きで販売します。

「Free Mile Plus」は日本メーカーのクリエイティブジャパンの製品で、原動機付自転車の保安基準に適合しています。ナンバープレートの取得・取り付け、ヘルメットの着用、走行時の免許証携帯、自賠責保険に加入することで公道で乗ることが可能です。一見キックボードっぽく見えますが、車体両端にあるフットペダルに両足を載せて立った状態で走行します。

説明も程々にまずは、乗った感想を。

楽しかったです。

この手の公道走行可な電動モビリティをいくつか乗ってことがあるのですが純粋に走行が楽しいと思えたのは「Free Mile Plus」がはじめてかもしれません。その理由についてちょこちょこ述べていきます。

まず速度について、最高時速は45km/hで、パワーは500Wです。もちろん原付き扱いなので法定速度の30km/hまでで走行しましょう。ある程度パワーがあるので、試乗した恵比寿の坂道も難なく走行できました。

筆者は、速度がかなり制限されている公道走行可な電動キックボードに乗ったことがあるのですが、車やバイク、自転車に常に追い抜かれ続ける状況にあるでとても怖く、快適な移動とは程遠いものでした。その点では、原付きの法定速度内でしっかり走行できる「Free Mile Plus」に利があります。

Engadget
▲一般的な電動キックボードとの比較

加えて、充実した足回りの装備が快適で楽しい走行に寄与しています。10インチタイヤを採用し、前輪・後輪にそれぞれ2つ計4つのサスペンションを搭載しています。

いわゆる電動キックボードを公道走行可な状態にした乗り物の場合は、道路のちょっとしたくぼみでガタガタしてしまいます。「Free Mile Plus」は、それらの衝撃をサスペンションがしっかり吸収します。さらに、車体重量が約30kgで、低い重心となるので立った状態での安定性を生み出すのです。走行体験としては、安定してヌルヌルと地を這うようなセグウェイでの走行に似ていました。

Engadget

ブレーキは前後にディスクブレーキを搭載しています。保安基準では、前後にディスクブレーキ等の物理的な機械式ブレーキが搭載されている必要があります。しかし、海外で販売された電動キックボードを「公道走行可能」として販売している製品には、電子ブレーキなどを利用しているモデルもあり、実は保安基準を満たしていないケースもあります。

「Free Mile Plus」の場合は日本での公道走行を目的にイチから開発されたので、こういった安全基準をしっかりとクリアしています。平地はもちろん、坂道などでもしっかりとブレーキが効いてくれます。

Engadget

「Free Mile Plus」での走行は楽しいのですが、普段バイクや自転車を乗っている筆者からすると立った状態での走行は不安定に感じてしまい、ある程度の距離の走行は厳しいかなと思っていました。しかし、付属のサドルをつけると、別の乗り物に様変わりしました。

Engadget
▲座るとこんな感じ、椅子があってもまだまだスタイリッシュ

サドルにもサスペンションが搭載されていてクッションが柔らかいので、乗り心地ちはふっかふか。ポジションが安定して、姿勢も楽なので、これならば毎日の通勤や長めの距離の移動も楽になるでしょう。

まだまだ発展途上なジャンルゆえの評価かもしれませんが、上記のような安定性や安全面がしっかりとしているがゆえに純粋に走行が楽しいと思えたわけです。

少しでも「Free Mile Plus」に興味をもったのであれば、クリエイティブジャパンでの製品サイトにて試乗会情報をあるので足を運んでみてもいいでしょう。

3万4800円引きになる発売記念キャンペーン(6月15日〜7月10日)が+Styleで開催されているうちに購入するのがおすすめです。

関連リンク:Free Mile Plus(+Style)

補足情報

昨年から直販サイトにて販売しており販売台数は約1000台とこのと。故障に関しては、6か月以内の保証期間で自然故障は600台中2台です。

購入用途としては、毎日の通勤や近所のちょっとしたお買い物といった日常使いはもちろん、車に積んでキャンプや旅行での利用があります。車にタープなどを繋げると、車を動かせないのでキャンプ先での移動に重宝するそうです。

Engadget
▲充電はバッテリーの取り外しと直接アダプターに接続する2Wayに対応

Engadget
▲外装電気部品はすべて着脱可能な端子接続。故障時はそのパーツを取り寄せて交換するだけなので、手入れも簡単です
Engadget
▲車体を折りたたむとこんな感じ。ハンドル部と車体を固定する器具はないので、車などに積み込む際はマジックテープなどを用意する必要があります

Engadget
▲30kgなんで持ち上げるのはちょっとしんどそう

また、車体の外置きに関しては防水性能がIP54(あらゆる方向からの水の飛まつによって機器が影響を受けない)なので、雨ざらしによる故障の心配があるために屋内での管理が推奨されています。

Engadget

関連リンク:Free Mile Plus(+Style)