JR東日本の「Suica」が本日(5月21日)よりGarmin(ガーミン)のスマートウォッチで利用可能になりました。

対応デバイスは以下の通り。これらはいずれも「Garmin Pay」機能を搭載する高機能なスマートウォッチです。

  • Approach S62 シリーズ

  • fenix 6X シリーズ

  • fenix 6X Pro Dual Power シリーズ

  • fenix 6S シリーズ

  • fenix 6 シリーズ

  • Legacy シリーズ

  • Venu シリーズ

  • vivoactive 4/4S シリーズ

  • vivomove 3/3S シリーズ

  • vivomove Style/Luxe シリーズ

Suica発行や残高のチャージは、「Garmin Connect Mobile」アプリで連携したAndroidスマートフォンまたはiPhoneから行えます。

なお、注意点として、競合となるApple WatchのSuicaに比べると機能に制限があります。具体的には、定期券やグリーン券の購入は行えないため注意が必要です。

engadget

Garminのスマートウォッチはこれまでも「Garmin Pay」という名称で、Visa / Mastercardの非接触決済に対応していましたが、今回Suicaに対応したことで、日常で利用できるシーンが増え、決済デバイスとしての利便性が大きく向上した格好です。

関連

「Suica」にGarminのスマートウォッチが対応