Suica、マイナポイントで 計6000円還元 7月1日受付開始

au PAY、メルペイに続き

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年06月30日, 午後 05:47 in news
0シェア
FacebookTwitter

JR東日本の「Suica」が「マイナポイント」への申込受付を7月1日より開始します。国が実施する5000円還元に加え、独自に1000円を還元し、計6000円分を還元します。

「マイナポイント」は、キャッシュレス決済手段とマイナンバーを紐付けることで、決済またはチャージ額の25%(最大5000円相当)を還元する総務省主導のキャンペーンです。キャッシュレス決済やマイナンバー利用の促進、消費増税や新型コロナウイルスで落ち込んだ経済を活性化させる狙いがあります。なお、マイナポイントに紐付けられる決済手段は1つだけです。

「Suica」では、事前に「Suica」を「JRE POINT」に登録したうえで、「マイナポイントアプリ」などから申し込むことで、マイナポイントに登録が可能。その上で、9月1日から3月31日までの間、Suicaにチャージすると、チャージ額の25%(上限5000円相当)をJRE POINTとして翌々月に付与します。つまり、2万円チャージすると5000円分のJRE POINTが貯まる計算です。

また、独自のキャンペーンとして、Suicaでマイナポイントを申し込んだ人全員に、JRE POINTを1000円相当付与します。これにより、国による還元額の最大5000円相当と合わせ、合計で最大6000円相当を還元します。

また、Suica でマイナポイントを申し込んだ人のうち、期間中にエントリーの上、JRE POINT に登録したビューカードで合計2万円以上チャージした方の中から抽選で2500人に、JRE POINTを2000円相当進呈するキャンペーンも実施します。

国が「最大5000円」と決めているマイナポイントの還元ですが、決済事業者が独自の還元策を追加する例が相次いでいて、「au PAY」も独自のキャンペーンで1000円上乗せし計6000円を還元するほか、イオン系の「WAON」は2000円上乗せし計7000円を還元します。

関連
5分でわかるマイナポイント

Source:JR東日本

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents