Engadget
▲『SUPER MARIO BROS.35』は、35人のプレイヤーが最後のひとりになるまでバトルする『スーパーマリオブラザーズ』。

1985年9月13日に『スーパーマリオブラザーズ』の発売から、今年で35年を迎える『スーパーマリオブラザーズ』シリーズ。ミレニアムイヤーを記念し、35周年記念イベントを開催しています。『スーパーマリオ3Dコレクション』や『ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ』『マリオカート ライブ ホームサーキット』『SUPER MARIO BROS.35』『スーパーマリオ 3Dワールド+フューリーワールド』など、さまざまなゲームタイトルが発売し、さらにレゴブロックやALBAの腕時計、プーマのバッシュなども発売されます。まさに、マリオイヤーと言えるラインナップです。

今回、Engadget 日本版が注目したのは『SUPER MARIO BROS.35』です。初代『スーパーマリオブラザーズ』ベースに、35人で最後のひとりになるまでバトルするバトルロワイヤルマリオです。『テトリス99』のマリオ版と言ったところでしょうか。

このタイトル自体が面白いのは当然ですが、なんと無料なんです。厳密に言えば、Nintendo Switch ONLINE加入者であれば、無料でダウンロードできます。

さっき言った通り、ゲームの基本は『スーパーマリオブラザーズ』ですが、『SUPER MARIO BROS.35』独自のルールがあります。まず、残機は1人のみです。つまり、ちびマリオで敵に触れたり、穴に落ちたりした時点で敗退になります。残りタイムがゼロになっても敗北です。ある程度慣れてくると敵に当たるミスよりも、残りタイムがなくなってミスすることが多くなり、いかにタイムを増やすかがポイントとなります。

Engadget
▲残機はないので、ミスするかタイムがなくなると敗退です。

タイムはゲーム開始時30秒しかないので、増やすことができなければ、1コースもクリアできずに終わることもあります。タイムを増やす方法はいくつかあります。まず、そのひとつが敵を倒すこと。踏みつけると2秒タイムが加算されます。連続して踏みつけると2匹目が+3秒、3匹目が+4秒となります。カメの甲羅を使って連続して倒した場合も同様です。

ファイアーマリオになって、ファイアーボールで倒した場合は一律+1秒です。ファイアーマリオ状態で、ファイアフラワーを獲得すると+15秒です。敵を倒すにも、ボーナスタイムを稼ぐためにもファイアーマリオでいることが重要です。ゴールした時は捕まったポールの高さで加算タイムが変わります。

最上部につかまると+15秒、もっとも低い位置だと+3秒です。スターで無敵状態になり、体当たりで倒した場合は+2秒、連続で倒すと最大+4秒入ります。敵が多いときに無敵になると、一気にタイムを稼ぐチャンスです。ちなみにタイムの最大値は400秒。プレイヤー数が5人になるとタイムの進行が早くなるので、時間切れになりやすくなっています。

Engadget
▲スーパースターで無敵状態になった時はタイム回復のチャンス。特に対戦相手から敵をたくさん送られていればいるほど、タイムが稼げます。

『SUPER MARIO BROS.35』攻略の鍵となるのが、コインです。コインは20枚集めると、Xボタンでいつでもどこでもアイテムを発動させることができるアイテムルーレットを使えます。イメージ敵には『マリオカート』の?ボックスがいつでも使える感じです。アイテムルーレットには、スーパーキノコ、ファイアフラワー、スーパースター、POWがランダムで出現します。

キノコ、フラワー、スターは、それぞれステージ上で出現したものを獲得した効果が得られます。POWは『マリオブラザーズ』に出てきたアイテムで、画面上の敵を一掃します。ファイアーマリオ状態でミスをしたら、すぐにアイテムルーレットでファイアフラワーを狙ったり、クッパやハンマーブロスなど強敵が大量に出現した時にスーパースターやPOWで突破したり、ピンチをチャンスに変える手段として使えます。

Engadget
▲1UPキノコはコインを20枚加算してくれます。1UPキノコの隠し場所は全部把握しておきましょう。

『SUPER MARIO BROS.35』はバトルロワイヤル系なので、最後までミスしないで生き残ったプレイヤーひとりのみが勝利するゲームです。ただ、自分がミスしないように行動するだけでなく、他のプレイヤーに攻撃することができます。プレイヤーが倒した敵は、すべて他のプレイヤーに送られます。ただ、どのプレイヤーに送るかは、ある程度、作戦によって変えることができます。残りタイムの少ないプレイヤーを狙う「ピンチねらい」、コインを多く持っているプレイヤーを狙う「コインねらい」、自分を狙ってくる相手に反撃する「カウンター」、それら3つが都度入れ替わる「ランダム」の4つがあります。状況に合わせて切り替えることが勝利に繋がります。

Engadget
▲Rスティックで、作戦の切り替えをすることができます。

ゲームを開始する時に、好きなコースから始めることができます。コースは最初のうちは順番に出現しますが、何回かクリアしていくと、ランダムでコースが選ばれます。新しいコースをクリアすると、次のゲーム開始時に選べるようになります。

ワープ土管を使うと、3つからコースを指定できるので、難しいコースに挑戦するか、簡単なコースで安全に行くかを選べます。簡単なコースだと敵が少ないのでタイムを稼ぎにくく、対戦相手に弱い敵しか送れません。敵がたくさん登場するコースだと倒した分だけ対戦相手に敵を送れますし、倒せば倒すだけタイムも増えていきます。このさじ加減が難しいところです。

Engadget

一度クリアしたコースはゲーム開始時に最初のコースとして選ぶことができます。また、画面右側にあるアイテムを選択すると、これまで獲得したコインを使い、最初からパワーアップした状態で始めることもできます。

コースにある隠しブロックや1UPキノコ、地下への土管などの要素は、すべて『スーパーマリオブラザーズ』に準拠しています。どこに隠しアイテムが潜んでいるかを知っていると、かなり有利になるので、「コースのれんしゅう」でコースを把握すると勝ちやすくなります。

任天堂のバトルロワイヤル系リメイクは、ルールが単純で短い時間で熱い戦いができるうえ、1位を獲得した時の喜びは代えがたい物があります。Nintendo Switchを持っている人は是非、ダウンロードし、プレイしてみてください。『テトリス99』と違って、2021年3月31日までの期間限定配信なので、その点もお気を付けください。

Engadget
▲隠し部屋にはコインがたくさんあり、敵も出てくることなく、コースをショートカットできます。
Engadget
▲なんとか1位を獲得。記事掲載までに獲得できて本当によかった。

SUPER MARIO BROS.35

© 1985-2020 Nintendo