kinect64
SuperLouis64

新型コロナ禍での外出制限により、屋内で運動できる「リングフィットアドベンチャー』が世界中で(正式販売していない中国でさえ)大人気だったことは以前お伝えしたとおりです

そんななか、マイクロソフトのKinectとスイッチ用のJoy-Conにより、自らの身体をコントローラとして「スーパーマリオ64」をプレイする猛者が現れました。

開発者でYouTuberのSuperLouis64氏は、Kinectで全身の動きをゲーム入力に変換し、マリオのジャンプは「屋内トランポリンで跳ねる」とみなさせ、オブジェクトの操作には手に持ったJoy-Conを使っています。パンチは実際に生身のパンチ、しゃがんでほふく前進は身をかがめるというぐあいです。

ただでさえ3D空間内での制御が難しいスーパーマリオ64世界で、案の定SuperLouis64氏は少し苦戦ぎみ。バッタンキングとの戦いも足場から落ちたり押しつぶされたりドタバタしています。

また水中ステージでは、しばらくどう泳げばいいか戸惑ったあと、連続してジャンプすればいいことに気づき。実際のゲームでも「ジャンプボタンを連打」仕様のためそうなりますが、実にいい運動になっているようです。

最大の見どころは、ラスト近くのクッパ戦です。マリオがクッパのしっぽをつかんで振り回すアクションを、本当に「トランポリンの上で回りながら飛び跳ねる」でやっており、ゲーム中のマリオと同じくプレイヤー本人も目を回しています。ある意味で究極のVR体験かもしれません。

SuperLouis64氏は汗だくになり、リングフィットよりも運動量が稼げたもようです。同氏はKinectほかの改造作業やプログラミングが面倒なためお勧めはしていませんが、任天堂公式で「スーパマリオオデッセイ」のリングコン対応などを望みたいところです。

Source:SuperLouis64(YouTube)