クアルコムは、第2世代目となる超音波式の画面内指紋センサー「Qualcomm 3D Sonic Sensor Gen 2」を発表しました。

「Qualcomm 3D Sonic Sensor Gen 2」は、サムスンの現行Galaxy Sシリーズなどに搭載されている第1世代と比較して認証が50%早く、かつ認証面積も8 x 8mmと従来(4 x 9mm)より77%大型化しているのが特徴。これにより、従来よりも1.7倍多くの指紋情報を取得でき、高速かつ確実にスマートフォンのロックを解除できます。

この超音波式の画面内指紋センサーは、指紋を2Dではなく3Dで判別するために、光学式と比較してセキュリティが高いのが特徴。また、認証時に指を置いた部分は発光しないため、夜間に利用する際も眩しくありません。

この「Qualcomm 3D Sonic Sensor Gen 2」を搭載したスマートフォンは2021年の早期に登場する予定です。

Source:クアルコム