engadget

兵庫県教育委員会は、県立高校へ計1万6000台の「Surface Go 2」を支給すると発表しました。あわせて、全生徒分のOffice 365ライセンスを導入し、学習用端末として活用します。

学校に「Surface Go 2」を大規模に支給する取り組みは、東京都渋谷区に続くもので、日本の自治体による導入台数としては最大規模です。

兵庫県は、「第3期ひょうご教育創造プラン」に基づき、教育におけるIT環境整備に取り組んでいました。新型コロナウイルス感染症の影響で、遠隔学習環境の整備が急がれる中、「Surface Go 2」と「Microsoft Teams」を活用することで『子どもたちの学びを止めない環境』が実現できるとのこと。

なお、日本マイクロソフトによると、Surface Go 2は、教育現場で児童や生徒が使うことを強く意識して設計し、創造力を直感的に表現できる「文房具」として使えるよう開発したといいます。

Source:日本マイクロソフト