米マイクロソフトの次期折りたたみスマートフォン「Suraface Duo 2(仮称)」の実機とされる画像が、テック系YouTuber、Tech Ratの動画にて公開されています。

現行モデルの「Surface Duo」は2020年8月に発表された、折りたたみスマートフォン。韓国サムスンの「Galaxy Zシリーズ」などとは異なり、分離した2画面を搭載しているのが特徴です。OSにAndroidを搭載したことで多様なアプリが利用できる一方、プロセッサがSnapdragon 855と登場時点でも1世代古かったり、また撮影用には画質の悪い1個のインカメラを使い回さなければならないなど、その弱点も報告されています。

一方で、Surface Duo 2は背面の突起に3基のカメラが追加されています。海外テックサイトのWindows Centralはこれが広角/標準/望遠カメラだと予測しており、この情報が正しければ撮影の自由度が大幅に向上することが期待できそうです。

また外観に関しては、ブラックモデルが登場する模様。このブラックモデルは、Surface Duoでの長らく投入が期待されていたカラーリング。さらに、指紋認証機能が電源ボタンへと移動することも示唆されています。

性能向上について現時点では具体的な証拠はありませんが、海外テックサイトのWindows Centralは最新プロセッサ「Snapdragon 888」の搭載、そして5G通信やNFCへの対応を予測しています。米クアルコムはすでに後継プロセッサの「Snapdragon 888 Plus」を発表していますが、Snapdragon 888でも十分ハイエンド相当の性能を発揮できるはずです。

最後に、Windows CentralはSurface Duo 2が9月〜10月に投入されると予測しています。一方で初代Surface Duoは1399ドル→999ドル→650ドルへと大幅な値下げが行われており、Surface Duo 2は最初から挑戦的な価格付けに期待したいものです。

Source: Tech Rat (YouTube)

Via: Windows Central