64・サンシャイン・ギャラクシーをSwitchで遊べる「スーパーマリオ 3Dコレクション」9月18日に発売

HD画質に対応してちょっとだけ最適化

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年09月3日, 午後 11:10 in games
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
Engadget Japan

任天堂は9月3日、「スーパーマリオブラザーズ35周年Direct」にてNintendoSwitchソフト「スーパーマリオ 3Dコレクション」を発表しました。9月18日に期間限定販売タイトルとして発売します。価格は税別6480円です。販売期間はパッケージ盤は2021年3月末まで、ダウンロード版は2021年3月31日までとなっています。

NINTENDO 64で発売された「スーパーマリオ64」、ニンテンドー ゲームキューブで発売された「スーパーマリオサンシャイン」、Wiiで発売された「スーパーマリオギャラクシー」の3タイトルが1本のソフトに収録されます。

スーパーマリオ64

スーパーマリオサンシャイン

スーパーマリオギャラクシー

いずれのタイトルもHD画質に対応して、Nintendo Switchで遊びやすいように少しずつ最適化しています。「スーパーマリオサンシャイン」の画面比率は元々4:3でしたが、今回収録されるバージョンは16:9になっています。また、「スーパーマリオギャラクシー」は、WiiではWiiリモコンとヌンチャクでのプレイでした。Switchでも同じ感覚で遊べるよう、Joy-Con 2本持ちにも対応しています。

Engadget
Engadget Japan

本編に加えて3タイトルのサウンドトラックをゲーム内に収録。BGM全175曲を聴くことができます。ゲーム画面を消しながら音楽を流す「画面オフ再生」にも対応しています。

関連記事:任天堂『ゲーム&ウォッチ』復活。スーパーマリオ35周年記念のカラー新作を限定生産

source:任天堂

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: games, nintendo switch, news, gear
0シェア
FacebookTwitter