Engadget

Amazonは8月19日(木)23:59まで「タイムセール祭り」を開催中です。

Amazonタイムセール祭り【8/17 9:00 - 8/19 23:59】

タイムセール祭りではSwitchBot カーテンがセール価格となっています。カーテン1個+コネクタモデルが7,620円(通常時9,530円)、カーテン1個+スイッチボットが9,337円(通常時11,669円)、角型/U型カーテン1個が7,180円(通常時8,980円)。

以降では以前Engadgetにて掲載したジュンヤマグチさんのレビューを再度お届けします。

SwitchBot カーテン(Amazon)

毎日、朝の切り替えにカーテンって大事ですよね。朝日を浴びると身体が目覚めるといいますし。寝起きでジャッと開けて朝日を取り込みたいものです。

そんなこと言いながらも、蔑ろにしているのは筆者だけですかね?朝はやっと身体を起こしたらあとはバタバタと準備をするような毎日.....。筆者みたいなガサツ人間はカーテンを毎日開けることすら習慣化できないという......。

今回試用する製品で朝日を浴びるタイミングを調整するとどうなるか、試してみましょう。

Engadget

こちらが『SwitchBot カーテン』製品サイズは‎6.5 x 5.1 x 11.6 cmと手のひらサイズです。製品のパッケージなど見ると異様に大きく見えるのですが実際は結構コンパクト。重量も360gと軽量です。

現時点、U型(角型)・I型・ポールタイプレール(突っ張り棒タイプ含み)に対応可能。オプションのソーラーパネルを取り付ければ太陽光で充電可能です。1回のフル充電で最大8か月使用可能とこまめに外さなくてよいのも嬉しいところ。USB Type-Cで充電可能です。

写真ではサイズを伝えるために完成形になっていますが実際は両側に付いているフックどちらかが外れています。

image
▲片側と本体を先にカーテンレールにつけて......
image
▲もう片方のフックを取り付け

取り付け自体は造作もないことですが、このフック、一度取り付けるとなかなか外れません。素手では多分取り外しは無理ですね。爪が先に終わってしまいます。フックを外すために付属のチップがありますので必ずそれを使いましょう。

取り付け後はカーテンで隠すことも可能なので部屋の景観を損ねることもありません。

さて、取り付ける場所をさらっと。筆者宅はありがたいことに南と東向きの2面採光。特に南向きの窓は朝日がガンガンに入るので開けっ放しは厳禁。眩しくて意図しない時間に起きる、とても暑いのコンボが筆者を襲ってきます。そして物ぐさな筆者は閉めきったままでいる始末.....。

今回はそんな不憫な扱いを受けている南向きの窓に製品をつけて丁度いい時間に朝日を浴びて寝起き改善をはかっていきます。

SwitchBot カーテン(Amazon)

image
▲日中は完全に逆光になるので夜の写真で失礼します。久々に開けたな....。古い部屋なもので、窓のくすみは取れませんでしたがご容赦ください。

せっかくなので今回は両開きのカーテンをどちらも開けてみることに。両開きの場合は製品が2個必要なので注意してください。

先程の方法で取り付けてペアリング。ここはとても簡単。アプリをダウンロードして、本体のスイッチを押せば爆速でペアリングしてくれます。あとは2個の製品の開閉距離を設定すれば完了。

image

アプリから開閉指示ができるのはもちろんのこと、状況に応じて開閉タイミングを設定できることが大きな魅力。タイマーももちろん使用出来ますし、光センサーを搭載しているので設定値の光量になればカーテンを開けてくれる機能もあり。

開閉具合も設定できるので、隣の家が視界に入らないようにしたい場合にも対応可能。窓問題は部屋によりそれぞれなのでここを細かく設定できると嬉しい方は多いと思います。

image

取り付けていればこんな感じで日照データを取ってくれるのですが、動作は結構ピーキーな印象を受けました。例えば早朝(朝7時前くらい)一瞬だけ晴れたタイミングで開いてしまうなど、「あ、今じゃない....」となることもしばしば。ファームウェアのアップデートに期待しつつ今のところはタイマーで使用していくのがベターだと思いました。

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/ONZ2vp04PAU" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

筆者宅のカーテンレールが古いせいか、結構音はします。ここでまずちょっと起きますねw。

スマートスピーカーと連携し声で開閉も操作可能。筆者は両開きかつ全開に設定しています。してみるとやはり.....寝起きは格段と良くなるものですね。言い方はアレですが身体のほうが勝手に起きたい!と呼びかけている感じ。今まではそんな感覚が意図しない時間にやってきたのですが、丁度いい時間に朝日が入ることによりとても気持ちよく起きることができます。朝から仕事効率が上がった気までしますね。なんたって身体がダルダルじゃないので。

たかがカーテンされどカーテン。出だしが悪けりゃその後の1日もよくないことを実感しました。毎朝のだるさに悩んでいる方、朝をちゃんと切り替えたい方、試してみる価値アリだと思います。

SwitchBot カーテン(Amazon)