高級腕時計ブランドのタグ・ホイヤーは、任天堂のキャラクター「マリオ」とのコラボレーションスマートウォッチを海外発表しました。

タグ・ホイヤーのスマートウォッチ「Connected」をベースにカスタムを施したもので、プッシュボタンやリューズ、ベゼルのメモリなどさまざまな箇所に、マリオ関連のデザインを施しています。また、マリオをイメージした2種類の交換用バンドやトラベルケースも付属します。

もちろん、ウォッチフェイスもマリオ仕様。なお、このウォッチフェイスとスキンは後日、タグ・ホイヤーブランドに属するほかのスマートウォッチでも利用できるようになるそうです。

スマートウォッチにはゲーム要素として、報酬システムを採用。例えば歩数目標の25%、50%、75%、100%を達成するたびに、スーパーキノコやスターなどをテーマにしたさまざまなアニメーションが表示されます。

OSにはWear OSを採用。通常のスマートウォッチと同じように、カレンダーや天気予報、通知、Gogle Fit、Google アシスタントなどが利用可能。さらに「Sport」「Golf」「Wellness」などの専用フィットネス関連アプリも搭載しています。

ケースサイズは45mmで重量は86g。5気圧防水に対応し、430mAhバッテリーにより1日中の駆動が可能です。

タグ・ホイヤーのマリオコラボスマートウォッチの価格は2150ドル(約24万円)で、7月15日に限定2000本が発売されます。本体から付属品までかなりのカスタムが加えられており、コレクターズアイテムとしても価値も高そうです。

Source: Tag Heuer