Astrophysics

2月19日
宇宙ドキュメンタリー『Cosmos』シーズン2放送延期。ニール・ドグラース・タイソン、過去の不品行が影響
2019年2月19日, 午後07:30 in

宇宙ドキュメンタリー『Cosmos』シーズン2放送延期。ニール・ドグラース・タイソン、過去の不品行が影響

もうしばらくお待ちください

Munenori Taniguchi, 2019年2月19日, 午後07:30
View
2月5日
NASA、月の材料は地球由来だと示すモデル分析結果を発表。アポロの月サンプル分析と比較
2019年2月5日, 午前08:20 in

NASA、月の材料は地球由来だと示すモデル分析結果を発表。アポロの月サンプル分析と比較

技術の発展が複雑な分析を可能に

Munenori Taniguchi, 2019年2月5日, 午前08:20
View
12月4日
「宇宙全体で今までに作られたすべての光」を科学者が測定。約138億年の歴史を知るヒントに
2018年12月4日, 午後01:30 in

「宇宙全体で今までに作られたすべての光」を科学者が測定。約138億年の歴史を知るヒントに

42

Munenori Taniguchi, 2018年12月4日, 午後01:30
View
12月3日
AIで40億人に住所割当て・人気天文学者がセクハラ?・プリンタ5万台が勝手にYouTuber宣伝: #egjp 週末版144
2018年12月3日, 午前06:50 in

AIで40億人に住所割当て・人気天文学者がセクハラ?・プリンタ5万台が勝手にYouTuber宣伝: #egjp 週末版144

プリンターをハッキングすれば相手に年賀状も出力できる?

Munenori Taniguchi, 2018年12月3日, 午前06:50
View
11月19日
太陽系外から飛来のヘンテコ物体「オウムアムア」、非常に小さく高光沢だったとの研究結果
2018年11月19日, 午後01:00 in

太陽系外から飛来のヘンテコ物体「オウムアムア」、非常に小さく高光沢だったとの研究結果

またいつか来るのか、来ないのか

Munenori Taniguchi, 2018年11月19日, 午後01:00
View
6月25日
一般相対性理論、銀河レベルでも正確性に問題なしと科学者が検証。さらなる確認作業も計画中
2018年6月25日, 午後05:30 in

一般相対性理論、銀河レベルでも正確性に問題なしと科学者が検証。さらなる確認作業も計画中

もし何か問題が見つかったらえらいことに

Munenori Taniguchi, 2018年6月25日, 午後05:30
View
10月29日
恒星間を旅してきた彗星?・水から空へ飛び立つ超軽量ロボ・サウジに商業宇宙港計画 #egjp 週末版98
2017年10月29日, 午後09:00 in

恒星間を旅してきた彗星?・水から空へ飛び立つ超軽量ロボ・サウジに商業宇宙港計画 #egjp 週末版98

ロボべー。

Munenori Taniguchi, 2017年10月29日, 午後09:00
View
10月24日
ホーキング博士1966年の博士論文が公開。「人々が星空を見上げ、我々の居場所について考える機会に」
2017年10月24日, 午前06:30 in

ホーキング博士1966年の博士論文が公開。「人々が星空を見上げ、我々の居場所について考える機会に」

ケンブリッジ大学が実施

Munenori Taniguchi, 2017年10月24日, 午前06:30
View
5月30日
NASA、超新星爆発のないブラックホール形成の可能性を発表。「消えた星」の観測結果から
2017年5月30日, 午前06:00 in

NASA、超新星爆発のないブラックホール形成の可能性を発表。「消えた星」の観測結果から

大きな恒星が最期に必ず爆発するなら、もっとたくさん観測されるはず

Munenori Taniguchi, 2017年5月30日, 午前06:00
View
5月22日
ホルモン産生する3Dプリント卵巣・脳内移植用プロセッサ・「エイリアンの巨大建造物」の星で急な減光現象 #egjp 週末版81
2017年5月22日, 午前06:00 in

ホルモン産生する3Dプリント卵巣・脳内移植用プロセッサ・「エイリアンの巨大建造物」の星で急な減光現象 #egjp 週末版81

宇宙と体内

Munenori Taniguchi, 2017年5月22日, 午前06:00
View
4月24日
生命が存在できる惑星のほとんどに陸地がないという予測結果。地球の陸海バランスはかなりのレアケースと判明
2017年4月24日, 午後03:30 in

生命が存在できる惑星のほとんどに陸地がないという予測結果。地球の陸海バランスはかなりのレアケースと判明

ミラーの星

Munenori Taniguchi, 2017年4月24日, 午後03:30
View
3月30日
木星の公転軌道を逆回転するワガママ小惑星「2015 BZ509」。実は絶妙なバランスで安定していると判明
2017年3月30日, 午後04:15

木星の公転軌道を逆回転するワガママ小惑星「2015 BZ509」。実は絶妙なバランスで安定していると判明

自分を信じて突き進めば、いつかきっとうまくいく(かもね)

Munenori Taniguchi, 2017年3月30日, 午後04:15
View
12月18日
最も明るい超新星爆発はブラックホールの仕業・次世代ゲノム編集システム・アスパラガスとおしっこの匂いの関係(画像ピックアップ62)
2016年12月18日, 午前07:00 in

最も明るい超新星爆発はブラックホールの仕業・次世代ゲノム編集システム・アスパラガスとおしっこの匂いの関係(画像ピックアップ62)

アスパラガスは各種ビタミン、カリウムなどを含み栄養たっぷり...だが!

Munenori Taniguchi, 2016年12月18日, 午前07:00
View
11月29日
かつて光は光速よりも速かった説を証明するかもしれない数値「0.96478」。光速変動理論の先駆者が発見
2016年11月29日, 午後04:20 in

かつて光は光速よりも速かった説を証明するかもしれない数値「0.96478」。光速変動理論の先駆者が発見

「42」ではありません

Munenori Taniguchi, 2016年11月29日, 午後04:20
View
11月29日
4400以上の銀河集まる超銀河団 、天の川の向こうに発見。幅3億8000万光年の巨大な「銀河の壁」を形成
2016年11月29日, 午前11:40 in

4400以上の銀河集まる超銀河団 、天の川の向こうに発見。幅3億8000万光年の巨大な「銀河の壁」を形成

「ほ座」の方向にあります

Munenori Taniguchi, 2016年11月29日, 午前11:40
View
10月17日
「全宇宙の銀河はいままでの推測より10倍多い」とする計算結果。ハッブル使い構築した3D宇宙マップから算出
2016年10月17日, 午前11:30

「全宇宙の銀河はいままでの推測より10倍多い」とする計算結果。ハッブル使い構築した3D宇宙マップから算出

  NASA、ESAらが、全宇宙に存在する銀河の数が、計算の結果これまでの定説とされる2000億個よりも遥かに多く、その10倍はあるとする報告を発表しました。

Munenori Taniguchi, 2016年10月17日, 午前11:30
View
8月29日
99.99%暗黒物質で作られる銀河Dragonfly 44発見。質量は天の川銀河と同等、恒星の数は1/100
2016年8月29日, 午後05:00

99.99%暗黒物質で作られる銀河Dragonfly 44発見。質量は天の川銀河と同等、恒星の数は1/100

米イェール大学などの国際天文研究グループが、99.99%がダークマター(暗黒物質)で構成される珍しい銀河Dragonfly 44を発見したと発表しました。ダークマターとは「銀河系内に広く存在する、質...

Munenori Taniguchi, 2016年8月29日, 午後05:00
View
8月23日
地球型惑星GJ 1132bの大気に豊富な酸素を発見。ただし暑すぎて生命の存在可能性なし、太古の金星に類似
2016年8月23日, 午前08:00

地球型惑星GJ 1132bの大気に豊富な酸素を発見。ただし暑すぎて生命の存在可能性なし、太古の金星に類似

  2015年に発見された惑星GJ 1132bは、地球によく似た大きさの岩石質で、なおかつ大きさも1.2倍程度と非常に地球に似ていることで注目されました。ただ、この星は地表温度が高すぎて生命は存在で...

Munenori Taniguchi, 2016年8月23日, 午前08:00
View
4月11日
ホットジュピター付き太陽と連星からなる三重星系を発見。地球から685光年離れた『トリプル・スター・システム』
2016年4月11日, 午後04:00

ホットジュピター付き太陽と連星からなる三重星系を発見。地球から685光年離れた『トリプル・スター・システム』

米ノートルダム大学の物理学者らが、2つの恒星を持つと思われていた惑星系 KELT-4 が、実は3つの恒星と一つのホット・ジュピターを持つ非常に珍しい惑星系であることを発見しました。ホット・ジュピター...

Munenori Taniguchi, 2016年4月11日, 午後04:00
View
2月12日
『重力波』を初観測。MITら国際研究チーム、アインシュタインの「最後の宿題」を100年目にしてクリア
2016年2月12日, 午後01:10

『重力波』を初観測。MITら国際研究チーム、アインシュタインの「最後の宿題」を100年目にしてクリア

  マサチューセッツ工科大学(MIT)などからなる国際研究チームが「重力波」の観測に初めて成功したと発表しました。重力波とは、超新星爆発や中性子星連星の衝突合体などで発生する、空間や時間の歪み現象。...

Munenori Taniguchi, 2016年2月12日, 午後01:10
View