Brain

5月7日
熱心なポケモンプレイヤーは「特定の脳領域が発達」との研究結果。学力には影響せず
2019年5月7日, 午後02:00 in

熱心なポケモンプレイヤーは「特定の脳領域が発達」との研究結果。学力には影響せず

ポケモンGOがボケ防止に良いかも調べてください

Munenori Taniguchi, 2019年5月7日, 午後02:00
View
4月25日
脳信号を音声に変換、患者の会話を支援する研究発表。「しゃべる動きを再現」するアプローチ
2019年4月25日, 午後02:00 in

脳信号を音声に変換、患者の会話を支援する研究発表。「しゃべる動きを再現」するアプローチ

脳信号でロボットアームを動かす原理と似てます

Kiyoshi Tane, 2019年4月25日, 午後02:00
View
4月10日
電気ショックで脳が若返る?ボストン大学高齢者のワーキングメモリが20代に回復と発表
2019年4月10日, 午後01:20

電気ショックで脳が若返る?ボストン大学高齢者のワーキングメモリが20代に回復と発表

もともと頭がしっかりした高齢者を対象にしているような

Kiyoshi Tane, 2019年4月10日, 午後01:20
View
10月1日
脳 to 脳ネットワーク実験で3人が相互の意思疎通に成功。2人が1人にデータを送り、嘘発見ゲームも
2018年10月1日, 午後05:30 in

脳 to 脳ネットワーク実験で3人が相互の意思疎通に成功。2人が1人にデータを送り、嘘発見ゲームも

テレパシーではなく

Munenori Taniguchi, 2018年10月1日, 午後05:30
View
7月24日
「フルーツフライの脳」を完全マッピングした高解像度画像の作成に成功
2018年7月24日, 午後06:00 in

「フルーツフライの脳」を完全マッピングした高解像度画像の作成に成功

10万個におよぶニューロンの詳細な働きが解明される

Engadget US(翻訳 金井哲夫), 2018年7月24日, 午後06:00
View
6月25日
脳の活動を調整し疾患に対処する細胞サイズのポリマービーズを使った「マイクロレーザー」を開発
2018年6月25日, 午後04:45 in

脳の活動を調整し疾患に対処する細胞サイズのポリマービーズを使った「マイクロレーザー」を開発

血液の中でも数時間光り続けます。

Engadget US(翻訳 金井哲夫), 2018年6月25日, 午後04:45
View
7月12日
脳損傷で失った学習・記憶力、化学物質ISRIBで回復。受傷数週後のマウスでも効果確認
2017年7月12日, 午前06:00 in

脳損傷で失った学習・記憶力、化学物質ISRIBで回復。受傷数週後のマウスでも効果確認

人でも同様の効果に期待

Munenori Taniguchi, 2017年7月12日, 午前06:00
View
5月31日
脳卒中で麻痺した手を動かす脳波グローブ「Ipsihand」、リハビリ支援に一定の効果あり
2017年5月31日, 午後06:30 in

脳卒中で麻痺した手を動かす脳波グローブ「Ipsihand」、リハビリ支援に一定の効果あり

寝たきり患者を減らす希望に繋がるかも

Kiyoshi Tane, 2017年5月31日, 午後06:30
View
2月18日
年に2週だけ現れる炎の滝・人の脳は常に「プランB」を用意・人の胚ゲノム操作を一部容認の提言:画像ピックアップ69
2017年2月18日, 午後09:00 in

年に2週だけ現れる炎の滝・人の脳は常に「プランB」を用意・人の胚ゲノム操作を一部容認の提言:画像ピックアップ69

遺伝子から宇宙まで

Munenori Taniguchi, 2017年2月18日, 午後09:00
View
2月16日
「ヒトの脳とAIは統合される」──イーロン・マスク、自動化社会における人間のあり方を語る
2017年2月16日, 午後12:00 in

「ヒトの脳とAIは統合される」──イーロン・マスク、自動化社会における人間のあり方を語る

最低収入が保証され、働かずに趣味に没頭できる未来がやってくる?

HUFFPOST, 2017年2月16日, 午後12:00
View
1月24日
「光の衝撃波」を初めて可視化。1000億FPSで捉えたフォトニック・マッハコーンはこんな形
2017年1月24日, 午後05:00 in

「光の衝撃波」を初めて可視化。1000億FPSで捉えたフォトニック・マッハコーンはこんな形

応用分野はなぜか生物学

Munenori Taniguchi, 2017年1月24日, 午後05:00
View
1月13日
「最悪の脳腫瘍」を遺伝子操作の食中毒菌で叩く方法が開発。実験では生存率が2倍に
2017年1月13日, 午後08:00 in

「最悪の脳腫瘍」を遺伝子操作の食中毒菌で叩く方法が開発。実験では生存率が2倍に

食中毒を起こす菌でも役に立てることはある

Munenori Taniguchi, 2017年1月13日, 午後08:00
View
12月3日
宗教的体験で活性化する脳部位はギャンブルや愛と同じ――fMRI解析結果をユタ大研究チームが発表
2016年12月3日, 午前05:30 in

宗教的体験で活性化する脳部位はギャンブルや愛と同じ――fMRI解析結果をユタ大研究チームが発表

ギャンブルで勝ったときの「天にも昇る心地」は比喩ではなかった?

Kiyoshi Tane, 2016年12月3日, 午前05:30
View
10月31日
「恐竜の脳組織」を含む化石を初めて確認。1億3300万年前に漬物状態で保存、鳥や爬虫類と多くの共通点
2016年10月31日, 午後06:00

「恐竜の脳組織」を含む化石を初めて確認。1億3300万年前に漬物状態で保存、鳥や爬虫類と多くの共通点

  英国ケンブリッジ大学の研究者が、2004年にサセックス地域で発掘された化石に、恐竜の脳組織が含まれていたと発表しました。この脳組織の持ち主はイグアノドンの仲間とされ、酸素の少ない酸性の沼地に沈ん...

Munenori Taniguchi, 2016年10月31日, 午後06:00
View
9月3日
犬は人の言葉だけでなく、裏にある感情までを理解している――13匹の脳をMRIスキャンし判明
2016年9月3日, 午前09:00

犬は人の言葉だけでなく、裏にある感情までを理解している――13匹の脳をMRIスキャンし判明

犬は飼い主の言葉だけでなく、その裏に込められた感情を話し方から理解している......学術誌『Science』にて、犬の脳をMRI(核磁気共鳴画像)スキャンし、これを調査した研究が発表されました。...

Kiyoshi Tane, 2016年9月3日, 午前09:00
View
6月23日
超音波インプラントSonoCloudで血液脳関門の突破に成功、脳腫瘍の治療が進歩する可能性
2016年6月23日, 午後04:00

超音波インプラントSonoCloudで血液脳関門の突破に成功、脳腫瘍の治療が進歩する可能性

血液脳関門のバリアを突破し、脳内の腫瘍に薬剤を浸透させる臨床治験が成功したという論文が公表されました。頭蓋骨に埋め込む超音波インプラント『SonoCloud』により、これまで困難だった脳腫瘍の治療が...

Kiyoshi Tane, 2016年6月23日, 午後04:00
View
5月9日
フライドチキン味のマニキュア・脳死からの機能回復・血のいらない血糖値検査(画像ピックアップ31)
2016年5月9日, 午前08:00

フライドチキン味のマニキュア・脳死からの機能回復・血のいらない血糖値検査(画像ピックアップ31)

1週間のあいだに拾いきれなかったをニュースを集めてお伝えします。今週は「フライドチキンの味がするマニキュア発売」「脳死判定からの機能回復をめざす臨床試験」「マイクロ波による無侵襲式血糖値測定」などを...

Munenori Taniguchi, 2016年5月9日, 午前08:00
View
4月18日
0.5秒で脳腫瘍を判別、外科手術用「スマートメス」開発。手術の正確性向上と時短を実現
2016年4月18日, 午後12:40

0.5秒で脳腫瘍を判別、外科手術用「スマートメス」開発。手術の正確性向上と時短を実現

  ベルギー・ブリュッセルの科学者デヴィッド・オリヴァ・ウリーベが、脳外科手術用の"スマート・メス"を開発しました。この手術器具は脳腫瘍の位置を正確に特定し、切除する場所の判断にかかる時間を短縮する...

Munenori Taniguchi, 2016年4月18日, 午後12:40
View
12月9日
情動も伝えるネットワーク型 脳マシンインターフェース公開。装着型支援ロボや家電操作
35
2014年12月9日, 午前09:14

情動も伝えるネットワーク型 脳マシンインターフェース公開。装着型支援ロボや家電操作

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)とNTT、島津製作所、慶応大、積水ハウスが12月4日に発表したネットワーク型ブレイン・マシン・インタフェース(以下BMI)システムは、脳活動と連動して日常生活に...

関根慎一 (Shinichi Sekine), 2014年12月9日, 午前09:14
View
11月8日
ネット経由の脳インターフェースで他人の体を遠隔操作、米大学研究者が成功
2014年11月8日, 午後02:30

ネット経由の脳インターフェースで他人の体を遠隔操作、米大学研究者が成功

米国ワシントン大学の研究チームが、人間同士の脳をインターネット経由で繋いで信号を送り、他人の体を遠隔操作する再実験に成功したと発表しました。同大は2013年に研究者2人で同じ内容のデモンストレーシ...

Takuro Matsukawa, 2014年11月8日, 午後02:30
View