4眼カメラの格安スマホ「TCL 10L」2万円台で7月末発売

TCL 10 Proとの性能差はわずか

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年07月28日, 午前 11:04 in smartphone
0シェア
FacebookTwitter

FOXは、中国の大手総合家電メーカーTCLのAndroidスマホ「TCL 10L」を7月31日に発売します。価格は2万6800円(税込)で、FOXオンラインストアのほか、各ECサイトや家電量販店で販売されます。

TCL 10Lは、2020年1月に開催されたCES2020で発表されていた製品。同時に発表されたTCL 10 Proは一足早く5月に日本でも発売されています。TCL 10L(LはLiteの意味)はTCL 10 Proの下位モデルとなりますが、全体的なデザインやディスプレイの仕様を見ると、TCL Plexの後継モデルという印象が強くなっています。

関連リンク:

6.53インチの液晶ディスプレイ搭載

ディスプレイは6.53インチ FHD+(2340 x 1080)。TCL 10 Proとは違い、有機ELではなく液晶ディスプレイとなります。画面占有率は91%で、フロントカメラは左上のパンチホールになりました。指紋センサもディスプレイ内ではなく、背面に移動しています。

TCL 10L
TCL

映像品質を向上させるディスプレイエンジンNext Visionを搭載し、SDRコンテンツのHDR相当にコンバートする機能にも対応。ブルーライトカットのアイケアモードや読書モード、色調補正機能なども備えます。

背面カメラは4眼に。メインは4800万画素

背面には、4つのカメラを搭載。画素数やレンズ構成などは下記の通りです。

  • 4800万画素メインレンズ(F1.8 画角79°)

  • 800万画素超広角レンズ(F2.2 画角118°)

  • 200万画素マクロレンズ(F2.4 画角79°)

  • 200万画素震度測定用レンズ(F2.4 画角86.6°)

AIによる被写体認識はもちろんのこと、ストップモーション撮影や超広角でのビデオ撮影にも対応します。

TCL 10L
TCL

なお、フロントカメラは1600万画素(F2.2 画角76.3°)。4つのピクセルを束ねて光量をアップするビックピクセル技術により、より明るい自撮りが可能とのことです。

カスタマイズ可能なスマートキーを搭載

本体左側面には、シングルプレス、ダブルプレス、長押しに任意の動作を割り当てられるスマートキーを搭載。FeliCaこそ比搭載ですが、PayPayなどQRコード決済アプリを登録しておけば、会計時にアプリを開くのに手間取ることもなさそうです。

そのほか、主な使用としては、SoCはSnapdragon 665、RAM 6GB、ストレージ128GB。バッテリー容量は4000mAh。インターフェースはUSB Type-Cでイヤホンジャックは非搭載。OSはAndroid 10。

最後に、TCL Plex、TCL 10 Proと仕様を比較すると、下記のようになります。

TCL 10L

source: FOXオンラインストア

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: smartphone, news, gear
0シェア
FacebookTwitter