Microsoft
Microsoft

マイクロソフトが、業務向けコラボレーションツールTeamsの音声通話機能をアップルのCarPlayに対応させることを明らかにしました。CarPlayをサポートする自動車で走行中でも、Siriの音声コマンドを経由してTeamsの仲間に通話を発信、応答することが可能になります。

自動車の運転中の携帯電話操作は事故の元になるため多くの国で違法ですが、この機能が使えるようになれば、たとえば外回りの仕事で自動車を運転していたりしても、音声で通話の受け答えが可能になり、駐停車場所を探す手間が省けるようになるはずです。

マイクロソフトは2021年初めにはTeamsの音声通話と電話での音声通話の間で転送を可能にするとのこと。低データレートモードと同時期に予定されており、CarPlayとともに外回りでの仕事を強力にサポートする機能になりそうです。なお、Android AutoやAlexaへの対応については発表では言及がありません。

そのほか、Team関連の機能強化として、連絡先やボイスメール、通話履歴を一覧表示する新しい通話UIを導入することなどが9月に発表済み。SalesforceがSlackを買収して攻勢を強める構えですが、マイクロソフトもTeamsの機能強化を続けており、コラボレーションツール分野の争いはまだまだこれからと言ったところかもしれません。

source:Microsoft