Tell Me Why
Microsoft / DONTNOD

マイクロソフトが Xbox / PC用アドベンチャーゲーム『Tell Me Why』の無料配布を開始しました。米国でのLGBTQプライド月間にあわせたもので、6月中に各ストアで入手しておけば、その後も制限なくプレイできます。

『Tell Me Why』は『ライフ イズ ストレンジ』等で知られる開発スタジオ Dontnod Entertainment による『ナラティブ・アドベンチャー』ゲーム。2020年の晩夏から初秋にかけて毎週1章ずつ、全3チャプターの作品としてリリースされました。現在はチャプター1-3として全部入りで配信しています。対象年齢は16歳以上。

体裁としては、三人称視点の3Dで歩き回りモノや人をポイントクリックして、選択肢を選び会話するいわゆるアドベンチャー。 パズル要素もありますが、基本的には選択肢を通じて物語を体験するインタラクティブな映画に近い作品です。

映画と違うのは、後述の「絆」のシステムとプレーヤーの選択により、双子と周囲の人との関係性が変化してゆくこと。それぞれの視点からの物語をプレーヤーが紐解いてゆくこと。

Tell Me Why
Microsoft / DONTNOD

舞台はアラスカ州の架空の街デロス・クロッシング。幼少期のある事件で親を亡くし別々に暮らしていた双子のきょうだいテイラーとアリソンが10年ぶりに再会し、二人が育った実家を処分するため訪れるところから始まります。

Tell Me Why
Microsoft / DONTNOD

ゲームとしての仕掛けは、この二人の「絆」による能力として、過去の記憶を映像のように再現して観られること。そしてこの回想が過去の事実そのものではなく、お互いの記憶により食い違っていると判明すること。

タイラーの記憶ではこうだった、アリソンの記憶ではこうだった、を切り替えることで、10年前のできごとの謎を解いてゆくことがメインの物語となります。

Tell Me Why
Microsoft / DONTNOD

プライド月間に無料化されたのは、主人公のひとりタイラーがトランスジェンダー男性であることから。とはいえ主人公のひとりの個性や生い立ちを語る要素のひとつとしての扱いで、全体としてはタイラーひとりの物語ではなく、双子と亡き母、周囲の人々を巡る関係性がテーマです。

トランスジェンダー登場人物の劇中の扱いや開発の過程、暴力描写の有無などについては、公式の よくある質問 | Tell Me Why にネタバレも含めてQAが並んでいます。

(公式がネタバレ警告なしで最初から明かしているように、「幼少期のトラウマが原因でトランスジェンダーになってしまった被害者」という話ではありません。いわく「トラウマが原因となってトランスジェンダーになるという発想は、実際には根拠のない偏見であり、タイラーの背景にも当てはまりません。」)

Tell Me Why
Microsoft / DONTNOD

米国のレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー・クィア プライド月間についてはこちら(2021年6月のバイデン大統領による宣言)

Tell Me Why を無料配信中の各ストアはこちら。激しいアクションや照準合わせが必要なゲームではありませんが、アラスカの自然を含めて4K HDR対応グラフィックの美しさも重要な要素であること、プレイ時間の大半は手がかりアイコンを探してウロウロしてカメラを振るタイプのアドベンチャーであることから、できれば処理性能の高いプラットフォームでプレイしたほうが快適です。

Tell Me Why: チャプター 1-3 (Windows 10) - Microsoft Store

Tell Me Why: チャプター 1-3 (Xbox) - Microsoft Store

Steam で 100% オフ:Tell Me Why