GREEN FUNDING

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

こんにちは!「Tenmo(テンモ)コーヒーカップ」の創設者のTomです。

私は、コーヒーとお茶の愛好家です。とある日、コーヒー好きの僕は偶然お茶を飲むための「建盞(けんさん)茶碗」でコーヒーを飲んでみたところ、その優しくて厚い茶碗の手触り、香りがとてもコーヒーの風味に合うと感じました。これが「Tenmoコーヒーカップ」のアイディアが生まれるきっかけとなりました。

GREEN FUNDING

東方の陶磁器は世界的に有名であり、いろんな分野で応用されていますが、建盞はその独特性と製作難度により、コーヒーカップの形にするのは難しいとされています。

それに挑戦するため、私は「Tenmoコーヒーカップ」を制作する旅に出ました。

GREEN FUNDING

建盞は唐宋時代に福建省で発明されました。建盞が太陽の下で色が変化し「碗の中の宇宙」のような景色を偶然発見しました。このような変化を「窯変」と呼びます。

その後、日本の遣唐使が建盞を日本に持ち帰り、それを「天目」と名付けました。窯変した建盞も「曜変天目」と呼ばれました。現在、宋朝の曜変天目建盞茶碗は世界で3つしか存在しません。すべてが日本の博物館に保管され、国宝と指定されています。

GREEN FUNDING

茶道のために生まれた建盞は、その時代の概念に合わず、技術が継がれずに一度役目を終えました。

1970年代、清華大学美術学院と福建省の職人が力を合わせて再度研究され、この素晴らしい工芸技術が再現されました。

建盞の不思議な光。

小さいカップなのに、人間にとっては大きな奇跡。人と地球も、地球と宇宙も、同じような奇跡的な関係。建盞のその言葉にできない美しさは、宇宙と同じものです。

「Tenmo」のプロジェクトを考え始めた時、最初に考え出したのは「星空カップ」です。小さな日常と広い世界をつなぐ、独特な「カップの中の宇宙」を構築します。

それとほぼ同時に「深淵カップ」のアイディアが頭の中に浮かびました。

星空にはきれいな星だけでなく、深淵のように奥深くて静寂な力も宿っている。光と闇は互いに通ずるものがあり、不可欠だと思いました。

星空カップは、色と光を重視し、煌く素敵な星空の中の予想できない光と影の変化を。

深淵カップは斑紋の明暗を分けて、宇宙の闇に隠れて流れる力を。

コーヒーやお茶等を飲むときは心が落ち着きます。私は時々カップの底を見て、何も考えずにただぼんやりとします。忙しい時間の中の「休憩」は人の心を整えます。

「Tenmo」でお茶やコーヒーを飲み終わり、カップの底を見た後はより深い「カップの中の宇宙」に没入することができます。

建盞は、落ち着いた色と独特な斑紋を持っています。その他にも、水質を軟化し、独特な風味をコーヒーやお茶に加える効果もあります。その独特な粘土と釉薬は建盞の特徴のひとつです。

福建省は山岳地帯にあり、海に面しています。鉄を多く含んだ粘土は、福建省の複雑な地理環境により誕生し、ユニークな建盞を生みました。

しっかりとした建盞釉薬には、Fe2O3(酸化鉄)の含量が15%を超えます。

このような成分により、建盞に磁石がくっつきます。市販でよくある陶磁器とは大きく異なります。

建盞は、土と火の窯変芸術です。その予想できない斑紋と色変化のカギとなるのは、鉄を多く含んだ粘土です

鉄元素の性質により、建盞を焼成するには、酸化鉄の反応に適した特定の温度区間(1300℃-1400℃)環境を作らなければなりません。

焼成温度と冷却温度を変えることで、異なる斑紋や色を建盞に与えてくれます。銀色、青色、紫色、金色など、焼きあがるまで色の変化が予想できません。

高温で建盞を焼く時、粘土が含んだ一部の鉄元素が釉薬に溶けて、釉薬の微小な泡とともにカップの表面に付きます。釉薬の流動性により、鉄元素が縞模様に分列し、冷却する時はきれいな赤鉄鉱が析出されます。

特定な物理と化学環境で、釉薬には液相分離構造が形成し、カップの表面に浮かべる。それぞれの鉄元素で形成された液滴は、冷却する時に鉄の酸化物結晶に晶析し、建盞の斑紋になる。

建盞が採用する粘土は、鉄元素の含量が高すぎて、粘性、耐火性が悪く、大きく縮んでしまいます。

建盞を焼くには、極めて高い温度が必要で、成功率も低くなります。少しの環境の変化でも、釉めくれ・釉縮れ、ひび割れ、気泡などの問題が発生してしまいます。

釉薬の成分、窯の位置、カップの置き方、時間ごとの温度、炭を入れるタイミングなどを調整し、綺麗に焼きあげています。

使用した炭は、厳選された高品質の松炭。炭の長さ、細さも工夫しました。

窯の中で焼成するまでの20時間。すべての影響要素とタイミングをしっかりと把握しなければ、星空や深淵に見えるカップは焼成できません。

窯変は、その予想できない色や模様の変化で知名度が広がりました。ひとつひとつ職人の手で作られるのも建盞の一つの特徴です。

例えば、素焼きの前にもっと釉薬を粘土の表面にくっつけるようにするために、職人は粘土の表面に刻紋を書かなければなりません。

Tenmoカップは全てがユニークに作られています。同じ職人でも複雑な要素を制御できず、同じカップを作ることはできません。

▾深淵カップ

同じカップでも、違う角度や光の当て方をすると、様々な表情を見せてくれます。

▾星空カップ

Tenmoを製作する上で難しいのは、星空のパターン、もう一つは取っ手のデザインです。

清華大学美術学院の友人「Lee」に相談したところ、彼もTenmoのプロジェクトに興味を持ち、私に何枚もの設計図と3Dモデルを送ってくれました。

最終的に採用したのは「磁石」形の取っ手デザイン。「鉄を多く含んだ」建盞の特徴とマッチしました。

そのイメージを現実にするために、工芸美術マスターの「孫文炸」に依頼。

Tenmoコーヒーカップの理念を理解してもらった後、孫氏はいろんな意見を出してくれました。取っ手のデザインと構造が進化し、最終のサンプルが完成しました。

建盞のカップは分厚く重いことにより、取っ手が断裂する恐れがありました。取っ手がないデザインはよくありますが、取っ手をつけるとカップ全体の重量バランスが崩れます。どうやってバランスを保ち、取っ手のデザインを焼成するのかがポイントでした。

Tenmoのオリジナルデザイン取っ手は、3つの付け根で固定し、断裂しやすい問題を解決しました。

また、重量比率を調整し、カップと取っ手の構造を最適化しました。

様々な試行錯誤をし、このデザインと実用性を併せ持ったTenmoコーヒーカップを完成しました。

取っ手の無い、伝統的な「建盞」との大きな違いです。

東方の茶文化のより、水、急須、茶碗乃至加熱方式などの細かい要因がお茶の味に大きな影響があります。建盞はその独特な材質と形状で、お茶の味を100%引き出す事ができます。

建盞が焼成した後、多数の小さな穴が形成され、鉄元素を多く含んだカップが鉄イオンを放出します。水の中に含まれる塩素や金属を吸収してくれます。そのほかにも、建盞の分厚いカップは保温効果が高いです。

鉄は人体にとって不可欠な元素である。だが、コーヒーなどのカフェイン含有飲料は、カルシウム排泄を促進し、骨への吸収を阻害する。

鉄製の食器も貧血の患者がよく使用する類型だ。

変化万千の斑紋と色は、建盞に伝統的な工芸として価値が出ました。しかし、カドミウム、ニッケル、鉛などの有害物質を加えて焼成し色鮮やかに見せる、本来とは異なるコピー商品が増えました。そのほか、電気メッキという方法で、カップの表面に特定の模様をつける商品なども増えています。

それぞれの製品は「建盞」や「天目」の名で売っていますが、本来の建盞工芸ではありません。

鉄の含有量が低い粘土は、酸化釉薬(色釉)をかければ、思い通りの色と斑紋を持つ作品を綺麗に焼成できますが、このような作品に質感と立体感はなく、市販での安く販売されています。

Tenmoのこだわりは、天然な鉄を含んだ粘土と釉薬で焼くことです。伝統的な焼製工芸は、鉄イオンを炎の中で自然と酸化、結晶させることによって、ユニークな斑紋と色変化を形成させています。大量生産される製品では、見た目を同じようにさせるのは難しいです。

このプロジェクトの初期段階で、私は福建省当地の歴史のある窯元の人と「建盞でコーヒーカップを焼きたい」と相談してみましたが、結果は「難しい」との返事でした。

幸い、その窯元の三代目はこの発想に興味を持ち、試作を何度も行いました。最初は失敗の連続でしたが、現在での成功率は半分程度となりました。

制作過程で割れたカップはすべて廃棄処分。下記の画像は、思うように焼きあがらなかった失敗作の写真です。

「Tenmoコーヒーカップ」は大量生産出来る物ではなく、制作に時間がかかります。「星空コーヒー」の発想をし、完成することができ、本当に良かったと思います。

Kickstarterでは初回ロットが生産を完了し、出荷準備をする際に、窯元の職人と記念写真を撮影しました。「みんなは欧米で有名になるかも」と(笑)

山に住んで、陶芸に専念する多くの職人たちは「記念撮影なんて必要ない、ただ仕事をしただけだ」と断られましたが、

一部の職人は撮影に参加してくれました。一番右の笑っている方がこの窯元の三代目です。まだ若いですが、頭が良く挑戦が好きで、Tenmoに協力してくれました。

「Tenmoコーヒーカップ」本体の他、スプーンや蓋、ソーサー付きのセットもご用意。高級感溢れるセットです。

深淵カップと星空カップの他、取っ手の無い「星雲茶碗」もあります。構造はTenmoカップと違うため追加購入できる付属品がありませんが、ぜひ皆さんにお手に取っていただきたいです。

ここでもう一度、スプーンや蓋、ソーサーの試作に協力した窯元の職人に感謝いたします。

「Tenmoコーヒーカップ」の旅で、僕たちは色々試し、失敗を繰り返しましたが、幸い海外のクラウドファンディングサイトで多くの支援をいただきました。このプロジェクトを引き続き、建盞の魅力をより多くの人に感じて頂きたいと思いました。

今回「Tenmoコーヒーカップ」は日本初上陸です。日本の皆様のご支援をいただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

|アフターサービスについて

GREEN FUNDINGで支援してくださった皆様へ:建盞は外見がそれぞれ異なります。出荷前には製品の検品を行っております。商品の品質、配送には万全を期しておりますが、万が一「商品違い」「数量違い」「破損による不良品」などがあった場合は、交換にてご対応いたします。(それ以外の対応はいたしかねますので予めご了承ください。)

交換する際には、支援番号、画像、動画、問題箇所を記載の上、support.jp@thinkanddo.onlineまでお問い合わせください。

|リスクとコミットメント

「Tenmoコーヒーカップ」はすでにKickstarter、Indiegogoで多くの方にご支援頂き、成功しました。現在は安定して生産が出来ております。4月下旬で出荷する予定です。後続の生産進歩はGREEN FUNDING内の活動報告やFacebookにてお知らせいたします。

|カスタマーサービス

質問などがございましたら、下記のいずれかにご連絡ください。

Facebook:https://m.me/100756091843515?ref=w13336063

LINE:https://lin.ee/v36ZuHi

メールアドレス:support.jp@thinkanddo.online

ファンページ:https://www.facebook.com/Think-and-Do-Japan-100756091843515