Tesla
Tesla

日本時間11月20日午前5時頃、テスラのモバイルアプリが突然利用できなくなり、世界中のテスラオーナーがEVにアクセスできなくなる現象が発生しました(キーカードは正常に使えたようです)。

当初は米国内だけの問題かと思われていましたが、ほどなく韓国のテスラオーナーがイーロン・マスクCEOにTwitterで問い合わせ、それにマスク氏が「確認中」と返答。アジアおよび欧州からもロードサービスを呼んだり、スケジュール変更を強いられてしまったりしたテスラオーナーらのツイートがあふれ、世界規模での不具合であることがわかりました。

この問題はテスラがアプリのアップデートを実施した際に、一部機能が実装に問題を抱えていたために発生したとElectrekは伝えているものの、マスク氏は原因をまだ掴んでいないとしているため、実際に不具合に至ったのがElectrekの言う通りかどうかは不明です。ただその後、事態は回復した模様で、Downdetectorを参照したところ20日正午ごろにはほぼ通常どおりにもどっているのがわかります。

テスラに限らず、自動車もいまやインターネット接続性を備え、スマートフォンアプリやクラウドサービスに依存するようになっています。しかしネットワークに依存すると言うことは、それがダウンしてしまうと今回のようなトラブルが発生するのは避けられません。となると結局、アプリは便利ではあるものの同時にキーカードやリモコンキーは常に携帯しておくのが無難だということです。

※追記:テスラのアプリは車との間でBluetoothによって接続していますが、サーバーがダウンまたはネットワーク障害が起こったタイミングでテスラのアプリにはサーバーとの接続ができない旨(500 Server Error)が表示され、アプリ~車間の接続が正常にできなくなった人が多かった模様です。テスラアプリは、ドライバーが車のロックを解除して始動するためのキーとしても使用されるため、リモコンキーを携帯せずに出先でこの現象に出くわしたテスラオーナーの多くは、車に乗り込むこともエンジン始動もできなくなりました。また、イーロン・マスクCEOはその後、一時的な通信の増加によって一部のテスラオーナーに不具合が起こったことを認め謝罪しています

Source:Electrek

coverage:BBC