Tesla
Tesla

テスラが、ビットコイン15億ドル相当を取得し、将来のテスラ車やその他製品の購入にビットコインを利用可能にすると発表しました。テスラが今回の発表を行ったタイミングでビットコイン価格は跳ね上がり、記事執筆時点では1btcあたり460万円前後に高騰しています。

米国証券取引委員会(SEC)に提出した書類のなかで、テスラは2020年末時点で190億ドルを超える現金もしくは現金相当の資産を保持していたとしています。今回の購入額は、投資における現金のかなりの割合になるとCNBCは伝えています。

ここしばらく、テスラCEOのイーロン・マスクCEOはTwitterなどSNSへの投稿で#bitcoinのハッシュタグを付けて盛んに持ち上げており、それに呼応するかのようにビットコイン価格も330万円前後から400万円を超えるところまで上昇していました。マスク氏は音声チャットのClubhouseなどでもビットコインが好きだのサポーターだだのと発言しており、気をつけなければ「市場を動かしてしまう」可能性もあるとまで述べていました。

その流れのなかでの今回の発表とあり、ビットコインの急騰とともにテスラ株も2%ほど上昇、まさにマスク氏の望みどおりの展開となっています。今回のビットコインの値動きがテスラの発表やマスク氏の発言に影響されたものであることは間違いなさそうですが、株式市場とは違うことからSECなどがなんらかの反応をするのかどうかはわかりません。

マスク氏は以前、テスラ社の株を1株当たり420ドルで非公開化すると発言、これが市場操作に相当するとしてSECがマスク氏を詐欺行為で訴えられました。ことのときは数日でマスク氏は和解に応じ、テスラ社とマスク氏本人にそれぞれ2000万ドル、計4000万ドル(約44億円)の罰金、さらにマスク氏はテスラ会長職を退任(最低3年間)することになりました。

Source:CNBC