テスラファンのYouTuberが電動ATV「Cyberquad」を自作、田舎道を爆走する

ベースはヤマハのRaptor700R

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年08月25日, 午後 04:30 in Tesla
0シェア
FacebookTwitter
Rich Rebuilds

2019年にテスラが奇抜なデザインの「Cybertruck」を発表した際、電気ATV「Cyberquad」も壇上で紹介されました。CyberquadはCybertruckのオプションとして提供される予定ですが、待ちきれないテスラ愛好家のYouTuberがDIYでCyberquadを作ってしまいました。

CyberquadをDIYで製作したのは「Rich Rebuilds」というYouTubeチャンネルで車のレストアの模様を公開しているRich Benoit氏。Rich氏は以前にもテスラのモデルSを自力で修理する動画を同チャンネルで配信し、注目されました。

動画では、Facebookのマーケットプレイスで購入したヤマハのATV「Raptor 700R」(購入価格は3000ドル)に、電動バイクのエンジンとバッテリーを組み合わせ、「自作Cyberquad」を組み上げていく模様が収められています。

Rich氏によって「Starscream」と名付けられた自作ATVは、Cyberquadの特徴である角ばったフロント・ボディカバーも見事に再現。ダート路を安定して走る姿だけでなく、0-60マイル4.2秒の加速力や、ハンヴィーをけん引するパワフルさも披露しています。

Cyberquadをここまで見事に再現したとなれば、次はCybertruckを自作で……と期待したくなるところ。Rich氏の今後の活動に注目です。

Source:Rich Rebuilds

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Tesla, Cyberquad, Cybertruck, DIY, news, gear
0シェア
FacebookTwitter