テスラ・モデルS、航続距離を約20%も向上 バッテリー容量はそのまま

初の「400マイル超えEV」に

Hirokazu Kusakabe
Hirokazu Kusakabe
2020年06月17日, 午前 08:00 in Tramsportation
0シェア
FacebookTwitter
Tesla Model S

最新のアップデートを受けたテスラ・モデルSが、米国環境保護庁(EPA)による試験で初めて航続距離400マイルを超えた電気自動車と認定されました。

米国シリコンバレーに拠点を置くテスラが、4ドア(+ハッチゲート)セダン型電気自動車のモデルSを発売したのは2012年のこと。当時は容量85kWhのバッテリーを搭載する上級モデルでも、航続距離(1度の充電で走行可能な距離)は265マイル(約426.5km)に過ぎませんでした。

Tesla Model S
初期のモデルS

それから8年間、テスラの言葉を借りれば同社の「環境とエネルギー倹約にかける強迫観念」を反映した度重なる改良により、100kWhバッテリーを搭載する最新の「モデルS ロングレンジ・プラス」は、EPAの試験で航続距離402マイル(約647km)を達成。2019年型の「モデルS 100D」からバッテリー容量を増やすことなく、航続距離を20%近く向上させたと、テスラは主張します。

なぜ、そんなことが可能になったのかというと、テスラによればモデルS以降に発表した「モデル3」や「モデルY」の開発で学んだ設計および製造に関する技術を、モデルSの改良に反映させたからとのこと。それはコア技術となるハードウェアとシステム・アーキテクチャの両面を、外部サプライヤに頼ることなく、自社開発している同社だからできることだと、テスラは胸を張ります。

Tesla Model S

テスラの発表によると、今回の航続距離延長を成し遂げた改良ポイントは、大きく分けて以下の4点。

1. 大幅な軽量化

パワートレインが電気モーターでも内燃エンジンでも、クルマは重量が軽くなれば効率と性能が向上します。より重いクルマで同じ動きをさせるためには、それだけ必要なエネルギーが増えるからです。しかし、クルマの場合はやみくもに軽くすればいいというものではありません。重量を削る部分によっては快適性や安全性が犠牲になる場合もあります。1000万円近い価格を付ける高級EVのテスラ・モデルSにとって、それは受け入れられることではありません。

そこでテスラは、シートの製造を見直したり、バッテリーパックやドライブユニットにより軽量な素材を使用するなど、「プレミアムなフィールとパフォーマンスを維持したまま」重量を削減することに取り組んだそうです。

2. 新しいホイールとタイヤの採用

車重の他に、クルマの効率に大きく影響するのが空気抵抗です。既に0.23という市販車最高クラスの空気抵抗係数を達成しているモデルSですが、ロングレンジ・プラスでは従来よりも空気抵抗を減らした新デザインの「テンペスト」というエアロ・ホイールを標準で採用。この幅8.5インチ、径19インチのホイールに、転がり抵抗を低減させた新しい専用開発タイヤを組み合わせることで、航続距離は2%伸びたとテスラは説明しています。

ちなみにドイツのBMWも、自社のEVの航続距離を少しでも伸ばすため、空気抵抗を抑えた新しいホイールをデザインしています。

3. ドライブユニットの効率向上

また、テスラはモデルSの後輪を駆動する交流誘導モーターに備わるオイルポンプを、従来の機械式から電動式に改めました。これによって走行速度に関わらずオイルによる潤滑を適切に制御でき、摩擦抵抗を減らすことができたとテスラはいいます。

さらに前輪を駆動する永久磁石同期モーター(モデル3やモデルYと共通)のギアボックスに改良を施すことで、高速道路走行時の航続距離が2%向上したとのことです。

4. 回生ブレーキの効率最大化

新たに採用された「ホールド」モードは、モーターを使った回生ブレーキと、ディスクをパッドで挟む物理ブレーキを融合し、アクセル・ペダルを緩めるだけで減速のみならず車両を完全に停止させることが可能になりました。従来よりも低速域で回生ブレーキが働くため、これまでより多く減速エネルギーを電気に変えてバッテリーに蓄えることができます。同時に「他のクルマとは違う運転体験」が味わえると、テスラは主張しています。

なお、ブレーキ・ペダルを使わずにアクセル・ペダルを戻すだけで減速・停止ができる、いわゆる"ワンペダル・ドライビング"は、日産の「リーフ」や「ノート e-POWER」をはじめ、最近では他の多くのEVにも採用されています。テスラが "like no other car" と主張するこのホールド・モードが、それらとどのように違う「運転体験」を味わえるのか、興味深いところではあります。

Tesla Model S

実は、この新しいモデルS ロングレンジ・プラスは、既に今年2月に発表されていたのですが、その時はEPAによる航続距離は390マイル(627.6km)とされていました。

「400マイル超え」に自信を持っていたテスラのイーロン・マスクCEOによると、EPAは試験を行っている最中に、キーを車内に置いたままドアを開けっぱなしにして停めておくというミスを犯しており、そのため車両が「スリープ」に入らず、バッテリーの電力を必要以上に浪費したとしたと主張。EPAはこれを認めて再テストを行い、その結果めでたく402マイルという数字を達成したというわけです。

Tesla Model S

さらに(米国の新規購入者には)嬉しいことに、テスラは400マイル超えを記念して…かどうかは分かりませんが、モデルSの米国における販売価格を5000ドル引き下げると発表。モデルS ロングレンジ・プラスは6万9490ドル(746万円)となりました。8万9490ドル(960万円)の「モデルS パフォーマンス」は航続距離が348マイル(約560km)に留まる代わりに、停止状態から60mph(約96.6km/h)までわずか2.3秒で加速できます。

Tesla Roadster
テスラ ロードスター

一般的なクルマであれば、そろそろモデルチェンジの時期を迎えるほど発表から年月が経ったモデルSですが、どうやらまだしばらくの間は、改良を重ねて競争力を維持する計画のようです。現在テスラには、セミトレーラーヘッドの「セミ」スポーツカーの2代目「ロードスター」ピックアップトラックの「サイバートラック」といった新型モデルが発売を控えており、モデルSの後継が登場するのは、これらが無事に市場に出た後になると思われるからです。噂によると、モデルSの後継は2022年に発表される予定とか。その時、航続距離はどこまで伸びるのでしょうか。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Tramsportation, Tesla, model s, ModelS, EV, Electric vehicle, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents