Zhang Peng / LightRocket via Getty Images
Zhang Peng / LightRocket via Getty Images

テスラは購入者への通知もなしに本来装備されているはずのUSB端子を省略したEVを出荷しはじめている模様です。11月11日から出始めた報告では、センターコンソールにあるはずのUSB-C端子がなく、端子の形の穴だけがぽっかりとあいているとのこと。またワイヤレス充電機能や後部座席用のUSB端子も削除されているという報告もあります。

購入者は、EVが届けられてから運転席に座って初めて、そこにあるはずの機能が無いことに気づき、ネットで調べて同じような報告があることを知るパターンが多いようです。USB端子やワイヤレス充電のパーツはコスト的には大したものではないかもしれませんが、ドライバーや同乗者にとっては移動中にスマートフォンなどを充電しておくための重要な機能です。

世界的な半導体不足が長引くなか、テスラは生産台数の面では他の自動車メーカーに比べ影響を最小限にとどめて健闘しています。しかし、顧客サービスの面で言えば、しばらく前に広報部門を廃止し、顧客コミュニケーション部門もないという、よく言えば自動車業界の常識にとらわれない体制を敷いています。ただそれは悪く言えば品質に多少問題があってもメディアによく持ち上げられるテスラ車と、ポッドキャストに出演してマリファナを吸い新型コロナウイルスを軽視し、自社株暗号通貨の価格に影響するツイートを繰り返してきた個性的なCEOの人気に甘えた殿様商売なのかもしれません。

たとえば、BMWなどは半導体不足から一部車種でシートのランバーサポート機能を省略したり、タッチスクリーンを通常のディスプレイに変更したりといった仕様変更をしていますが、それぞれ対価となるオプション用クレジットを顧客に提供しています。

テスラも助手席のランバーサポートを過去に廃止していますが、顧客に対して返金やオプション提供などはおこなわず、ほとんど使われていないから省略したとだけ述べたとElectreckは伝えています。

テスラにとっては数万ドルで売るEVのなかの数十ドルの部品を省略しただけのことでも仕様としてそこにある機能を省くなら、そうと決まった時点で顧客に伝えるべきなのは言うまでもありません。テスラの顧客はこうした変更に寛容なのかもしれませんが、残念に思う人は多いはずです。

なお、一部のサービス担当者は顧客に対してUSB-Cの部品が入手できれば年内にも取り付けの予約を受け付けるようになると説明している模様ですが、繁忙期の12月に本当に部品が入ってくるかは疑問であり、影響を受けた全ての人が満足できるようになるのは年を越してからになりそうです。

Source:Reddit(1), (2)

via:Electrek